2006年2月19日 (日)

さて、

「M」である。

(エッ、いきなりカミングアウト!?)

そうそう、実は縛られるのが快感・・

って、違うよっ!!

(おーノリツッコミ)

images KERA作・演出の「労働者M」に行ってきた

諸事情により立見席

(そーだよね~給料日前だし)

3000円で観られたのが非常に助かった!

「労働者M」、

現代と架空の世界の2つが交差する舞台で、

しかも、ところ所をあえて、欠損(セリフを言わないで演技をする、シーンをカットする)しているといったもの

(詳しくは、公式HPなどで観てください)

パンフレットでKERA氏本人も、観客に不親切な内容と言っていたけど

なかなか良かった!

「欠損」部分は、一生懸命想像してみたりしてたら

不思議と「よー分からんケド、なんか面白い」といった心境になった

前回観た「12人の優しい日本人」が左脳で観るとすると

「労働者M」は右脳で観る演劇か・・

主な出演者は

堤真一

小泉今日子

犬山イヌ子

松尾スズキ

山崎一

ズルイぞ、犬山イヌ子!であった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

ヨイショ!

別に

「どっこいしょ」と荷物を運ぶのではない

人を持ち上げる

「ヨイショ!」である。

戦前、酒席を盛り上げる

幇間(タイコモチ)と呼ばれる男芸者がいたそうで、

落語ではおなじみのキャラクターである。

彼らを題材にした

chirashi_s 「ヨイショの神様」を観に新橋演舞場へ

主な出演者は

中村勘三郎

藤山直美

柄本明

小池栄子

火野正平

演出は

ラサール石井

である。

中村勘三郎の体当たり演技と

藤山直美の絶妙の間。

そして特に

柄本明の怪演ぶりに爆笑!

まだ、公演中なので内容は書けないけど

ズルイぞ柄本である。

心底楽しんで演技をしているのが感じられて

こちらも、とても嬉しくなる

例のごとく

3Fの一番安い席(2520円)の鑑賞である

ワタクシを含め皆さん双眼鏡を持参する

ふと、冷静に考えると

何十人が一斉に双眼鏡で小池栄子を眺めている

場所が劇場でなければちょっとヤバイ人の集まりである。

混浴露天風呂シリーズの火野正平の心境である。

それは兎も角

すっごく良かった!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

大川興業に・・

明日行ってくる。

初体験である。

真っ暗闇の中で行われるとのこと

生きて帰れるのか。。。。。

無事に生還したらレポートをします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)