« 「崖っぷちのエガ」 | トップページ | 蕨「機まつり」 »

2008年8月10日 (日)

「やっぱり落語協会円朝まつり2008」

どんなお祭りよりも楽しみにしていた円朝まつり。

昨年の「落語協会感謝祭」改め「やっぱり落語協会円朝まつり2008」に行く。

千駄木の駅を下り、さんさき坂を上ること暫し

会場の谷中「全生庵」に到着。

080810_110202扇子お焚き上げ

馬風師と来賓の芸術協会会長の歌さん、

後ろに円蔵、扇橋といった大御所がズラーーッ

今年は例年ほど暑くないので、干からびずナニヨリ(失礼)

まずは、何はともあれ円朝師のお墓に参りし、

メインストリートへ。

行ったことがある方はご存知かと思うが

円朝まつりの醍醐味は、

日頃、高座で拝見している師匠方に直接話ができ、

サインや写真撮影に応じていただけるところだ。

師匠方は、ふらっといらっしゃるので

たとえは悪いが、宝探しゲームの感覚。

(これがマニア的にはたまらない)

080810_112601 ←さっそく柳家喬太郎師だ!!

今年は、さん喬一門の出店近くにいらっしゃった。

また1年間、ありがとうございました。この一年も楽しませてください。

そうこうしているうちに

柳家権太郎師率いる「ゴミ隊」のパフォーマンス

今年は古今亭八朝師と柳亭市馬師の新曲デビュー発表会!

080810_114002 ←市馬師の「山のあな あな ねえあなた」

市馬師上機嫌の図に、こちらまで幸せになる。

さてお目当ての師匠は・・・

080810_113001 三三、菊之丞、権太郎、市馬、白酒、喬太郎、正楽、二楽、紋之助、いっ平、さん喬

の各師匠にサインを頂戴した。

三三師などは、やれやれと詰め所の入り口にまで行ったところで

ファンにつかまりサインをせがまれていた。

お疲れ様でした。

同じく人気者の紋之助師は、丁寧なサインをされていたため、長蛇の列。

二楽師にいたっては、よくわかっていなかったお客さんに「ワタシは紙きりの二楽です。あそこのコマ芸人(注:紋之助師)は友達です」と挨拶しながらのサイン。でも、なんで、紋ちゃんを出したのか??

充分楽しんで、2:00ちょっと前に、さん喬師にサインを頂戴して撤退。

ああ、楽しかった・・・・

080810_200501 早速帰宅し、収穫を飾る。

昨年の色紙とあいまって、かくしてわが部屋は、有名ラーメン店の様相となった。

|

« 「崖っぷちのエガ」 | トップページ | 蕨「機まつり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/42128035

この記事へのトラックバック一覧です: 「やっぱり落語協会円朝まつり2008」:

« 「崖っぷちのエガ」 | トップページ | 蕨「機まつり」 »