« ゴキブリ電車 | トップページ | 「鬼玉シール」届く »

2008年6月10日 (火)

タイ料理におけるビーフン問題に関する一考察

土曜日、

タイ料理店「テープタイ」@大宮にて夕食。

相変わらず結構なお手前。

080607_200701 そうそう、タイ料理のビーフンって、やっぱりあの味なんでしょうかっ!!

昭和の喫茶店のナポリタン的味付け。

ここの店以外でもナポリタンに遭遇した経験があることから

テープタイ独特ではないと思う。

とすると、

このビーフン、タイではどうしてケチャップ味なのか?

なんとなく西洋食文化が屈折して伝わったのか・・・・

外国に行くと怪しげな日本食屋が跋扈しているというが

もしかしたら、このビーフンもそうなのかもしれない・・

|

« ゴキブリ電車 | トップページ | 「鬼玉シール」届く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/41494328

この記事へのトラックバック一覧です: タイ料理におけるビーフン問題に関する一考察:

« ゴキブリ電車 | トップページ | 「鬼玉シール」届く »