« 「みの」のいない朝なんて・・・ | トップページ | 「喬太郎 落語秘宝館 4」 »

2008年4月13日 (日)

「第52回 扇辰 喬太郎の会」

「第52回 扇辰 喬太郎の会」

(国立演芸場)

春風亭一左 「鈴が森」

柳家喬太郎 「饅頭こわい」

入船亭扇辰 「百川」

<仲入り>

入船亭扇辰 「鮑のし」

柳家喬太郎 「宮戸川」

今回は、

080412_174801 「百川」「宮戸川」のネタおろし。

「百川」は、小三治師、さん喬師で聞いたことがあるケド

扇辰師版は、

師匠、扇橋師テーストの、あのフワフワ感の中にも

ポーンと出る台詞が笑いのツボに刺さる、刺さる!

緊張から解けた「鮑のし」でのハジケッぷりに爆笑!

一方

080412_181501 キョンキョン師の「宮戸川」、これも絶品!

弛緩→緊張→弛緩の場面構成と

「はめもの」の啖呵には、オオッ。

師の「狂」の部分がバリバリで

途中、本当に怖かった・・・

今回は、

両師匠の実力、底力を垣間見られた、歴史的な高座。

<おまけ>

今回のマクラは両師匠とも

林家彦いち師ネタ。

蘇民祭の動画は、必見か・・・

|

« 「みの」のいない朝なんて・・・ | トップページ | 「喬太郎 落語秘宝館 4」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/40862148

この記事へのトラックバック一覧です: 「第52回 扇辰 喬太郎の会」:

« 「みの」のいない朝なんて・・・ | トップページ | 「喬太郎 落語秘宝館 4」 »