« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

週末ラーメン候補決定最終会議

金曜の夜だけは

日頃の健康維持(本当?)の

ご褒美に好物のラーメンを食べる。

「週1ラーメン」の方針決定以降、

ラーメン店選びは、コレまで以上に慎重になる。

せっかく、1週間、我慢してきたのに

オイオイオイ的な代物では

やりきれないじゃないですかっ。

さて、今週はというと・・・・

高田馬場駅前にて、吟味に、吟味を重ねた結果、

080229_195701 「麺屋武蔵 鷹虎」に決定!

今日の東京地方は、春のような陽気だったので

つけ麺の最終決定を下す。

味玉、採用!

チャーシューは。。。。。高コレステロールを考慮し、今週は見送り・・

(1年前の自分には想像できない決断!と褒めてみる。)

で、

「味玉つけ麺 こってり」(850円)。

ヨシヨシ!最高の〆だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

寒冷的風景

先週末の某イベントにて。

080223_134001 席を立ちたくとも・・・・

実は

この後、超強風が襲うこととは・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

位置について!ヨーイ・・・

昨日の水道橋駅前の

080226_132302 神田川にて

プールサイドに立つ選手のよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

大山「龍神」

東武東上線の大山駅から

あの、長い長いハッピーロード商店街を抜けて

川越街道に出たところの

「龍神」に立ち寄る。

「ねりゴマつけ麺 中盛り」(750円)

080226_190401 おおっ、ちょっとコレ

良いんじゃないでしょうか!!

ゴマの香り&ニンニクのアクセント

食べ進めても飽きないのは立派。

自家製の太麺、

ちょっとない味。

箸が止まらないとはこういうことか・・・

オヤッサンもイイ感じの職人風。

再訪は確実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

「タコイカ ジャンケン」

昨日の夜の「ウンナンのANN」

クゥ~~~~~!!である。

土曜、日曜のANN特番で唯一ストライクの年代

(昭和49年生まれとしては「とんねるず」や「電グル」のANNを楽しみにしていたのだけど・・)

「マセキ里穂」の歌が流れたとき

ココロはJ北S玉高校の3年A組時代にタイムスリップ!

裏カセット

ようかん芸大会

日本の心五番勝負

男の欲望、女の欲望・・・・

記憶が蘇ってくる!

復活の「タコイカ ジャンケン」

そうそう、そーいう展開だった!

ヤマタツが出てきたり、

出川が登場したり・・・

昔、よく耳にした「はがき職人」のRNが懐かしい。

当時のUNは、30歳前とのこと。

スッゴク、オトナな感じがしたが、

今のボクより若かったのか。。。。

ボクも、彼らのようなパワーを持たなければ!

懐かしい声、人、話題、遊び・・・

10何年ぶりの同窓会に行った気分。

あっという間の楽しい時間、

また日常に戻る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

北与野「fino」

某サイトで上位にランクインされた

北与野駅近くの「fino」に行く。

080223_114001 結論:当たり!!

彩り綺麗!

080223_115101 量も最高!

コストもイイ(前菜、メイン、パスタ、デザートついて1200円ですよ!!)

080223_121601 もちろん味も言うこと無し!!

で、初めてなんですが

ココロからのんびり出来るんですよ!

土曜日の昼下がり、

こういう時間って、本当にいいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川突破大作戦!

大宮から、川越までせいぜい20分くらいなのだが・・

春一番で翻弄されたある男の記録。

【16:05】

大宮駅にて。

埼京線、強風のため不通のアナウンス。

何が最強(サイキョー)だとぽつり。

【16:15】

そーいえば、バスが出ていたなあ。。と

あいまいな記憶で西口へ。

<ひとり作戦会議>

都内にいったんでるルートもあるが

距離的に考えて

大宮駅西口→川越グリーンパーク<乗り換え>川越グリーンパーク→本川越

のショートカット強行作戦に決定!!

(これが悪夢の始まりか・・・)

【16:40】

080223_163901 バス停は、長蛇の列。

でもバスは来ない!!

風が強いぜ!

遭難者の気分。

たまにバスが来ても、途中の「西遊馬」(なんて読むのか・・)どまり。

列からはため息・・・

【17:01】

やっと来たぜ!

ぎゅうぎゅうの難民バス、大宮駅を出発!

と思ったら、渋滞・・・・・

【17:30】

080223_174201 三橋5丁目バス停

と、トイレに行きたい・・・・・

逡巡の結果、「降車ボタン」

ビルマの竪琴の気分。。。

080223_174202 嗚呼、また、寒空の中、ひとりで次のバスを待つ。

目の前の「温泉」がニクイ・・・

【18:00】

強風の荒川を通過。

コレでは、電車は止まるわな・・・

【18:15】

川越グリーンパークバス停のちょっと前

乗り継ぎのバスが対向車線に・・・・

殺意を覚える・・・

またまた寒空のバス停で、20分。

目の前の、教習所の教習車強奪妄想をたてる。

寒さは、人のココロを奪うのね(本当か)

【19:00】

明かりだ、明かり!!

川越の明かりだーーーーーーーーー!!

大宮~川越、正味3時間。

まだ、埼京線が開通していないの報を聞き

「勝った・・・」

反省点:

①都内経由の方が早かったと思う。

(急がば回れか・・)

②トイレは事前に済ませよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

新生「ラーメン二郎」

久々に

ラーメン二郎高田馬場店に行く。

相変わらずの盛況ぶり。

071130_193601 やっと店内に

お、綺麗になっている!

壁も、

テーブルも

なんとコップまでもが!!

二郎に一度でもいった方は分かると思いますが

あの、プラスティックの、、

よく言うと年季の入った

悪く言うと・・・(これは言いません)

が、ステンレスのこ綺麗なものになっていた!!

これは、文化大革命か。。

(それほどでもないか・・)

驚きつつも

いつもの、あの、麻薬のラーメンを食べる。

美味い!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

ハナガミ

思うんすケド

サラ金のティッシュ配り

いないよね。

たかが、ティッシュと思うなかれ!

これぞ、サラ金業界の法定利息問題

原油高問題

サブプライム問題、

果てや、餃子問題まで包含した(本当か!?)

現在日本の抱えている諸問題の象徴なのではなかろうか!!

(大げさ)

と叫びつつ

ああ、配っていないなあ・・・

これじゃ、鼻かめないなあ・・

と背中を丸めて徘徊す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

人生「武蔵野線」

武蔵野線って

なんで、北だ、南だ、西だ、東だ

おまけに新だ

ばかりで、

王道の駅がないんだろう・・・

所沢しかり、

浦和しかり、

小平しかり

朝霞までも・・・

ちょっと、捻くれた感じが

なんともである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

国立演芸場3月上席

半蔵門に行く用事があり

そこで昼メシに入った蕎麦屋。

流石お膝元、

店内に、国立演芸場のポスター。

おお、3月の上席、主任は喬太郎師か・・・・

いいなあ・・・

行きたいなあ・・・・(まず無理か・・)

とソバをすする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

柳家さん喬 「ねずみ」

「爛漫『ラジオ寄席』」(TBSラジオ)

青空球児・好児 「逆さメロドラマ」

牧伸二 「高齢社会」

柳家さん喬 「ねずみ」

Images さん喬師の「ねずみ」は

可愛らしく見えたなあ・・・・

聴くと

ああ・・・・・とちょっとセンチメンタルな気分にさせてくれる。

流石です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

久々の「小江戸はつかり温泉」

本当に、久しぶりに

小江戸はつかり温泉

午前10時ちょっと前の贅沢。

露天から見上げると

雲ひとつない透き通った青い空!

う~~~~~~んと大きく伸びをすると

肩こりが完治。

ボ~~~~~ッと漂っていたら

なんか、ストレスが

すーーーーっと流れていった。。

さて、明日からまた頑張りますかっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

【大文字の賢者の倹約②】勝手に出張手当作戦

2週に1回くらい、

いや、もっと多いかな。

仕事でJRのT駅からS駅を往復する。

運賃は、210円。

もちろん、交通費支給。

マイブームの倹約生活を始めて、ふと思う。。

「これ、なんとか儲けに繋がらないものか・・・」

安月給サラリーマンの邪な思考がフル回転!

ネットで調べて、あっそーか、回数券ってのがあったな。

久しく使ってないなあ・・・

そこで早速プランを検討。

【勝手に出張手当作戦】

回数券予算:2,100円(通常料金:210円)

回数券は、11枚綴りだから、

2,100円÷11=190.9円(1枚あたりの値段)

1枚当たり、

210円-190.9円=19.1円

大したことがないと思ったケド、

利回りを計算したら・・・

(190.9円÷210円-1)×100=9.0909・・%

ヘンな投資信託より利率がいいじゃないか!!

塵も積もれば・・である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルコムのワンコロ

「週間ダイヤモンド」の今週号の

第2特集はウィルコム

ちょっと一息コーナー(っていうのかな)

にCMの話があった。

鳩ポッポに「ウルサイ!」と一括する犬。

そう、あの白い犬。

あれって、上戸彩のオトーさんだったのだなあ・・

「ウィルコムタイーム、ウィルコムタイーム」の時間帯に

ソフトバンクは無料時間にならないことの腹いせらしい。

なるほど、オモロイ!!

CMという場外で乱闘する携帯電話業界に

久々に、イイゾイイゾと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

バレタデー

ふと、思い出す。

そういえば

「バレタデー」と称していた恩師がいた。

一中時代の刑部師だ。

今は、母校の大学の教師をやっていると聞いたことがある。

080214_213301 なぜ、師は、「バレタ」と称したのか?

たんなる言葉上の遊びだったのだろうか?

いや、違うと思う。

実は、奥が深ーーいと思う。

今、33歳になって思うに、

①チョコレートを渡すことで女性の意中が「バレル」

(国語教師ならではの洒落)

②男子たるもの、「バレン」やら「タイン」やらフニャフニャした言葉を発してはならない。

(武道家たる師からの発想)

思えば、この刑部師もさることながら

多感だった一中時代、

なんとも個性的な教師に出会えたと思う。

これは、本当に財産だ!

「ザ・中学教師」の作者もいたし。

恐怖のゴンダマンもイラッシャッタ。

昔の公立中なので、

体罰も、日常茶飯事だったケド。

あの3年間が

今の自分の血となり肉となっているのは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

下北沢「MAGIC SPICE」

先週末の談春師の会の前に

下北沢ということで、

「スズナリ」の横を曲がったところにある

080211_120702 スープカレーの「MAGIC SPICE」に行く。

「『モモ』(餃子)のカレー」を涅槃で。

オススメの雪下キャベツをトッピングする。

3~4年ぶりだろうか・・・

当時、まだ、スープカレーが市民権を得ていなかった時代で、

ボクの味覚リストに未登録だったからか

「えっ・・・・・・・・・うーむ・・・」だったが、

今回は、

小笠原流に則り(ウソだ!)

ゴハンをスープに浸して

非常に美味しくいただく。

クゥ~~~、効くネエ・・・

辛いなかにも、キャベツが甘くて美味い!!

ゴハンを追加してしまった(我ながらよく食うなあ)

食べ終わった後、

080211_124402 ←辛くて、こんな鼻になってしまったゼイ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

そして浦和「まるしん」

先週末

浦和「まるしん」へ行く。

080209_111601 ここの昼ごはんが最高である。

鮭の粕漬け定食(1260円)

鮭はさることながら

080209_110701 名物の「おしんこ」で

コハンが進む!

(おかわりは言うまでもなし)

ああ、幸せの瞬間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

下北沢演芸祭「立川談春独演会」

春風亭昇太プロデュース

下北沢演芸祭「立川談春独演会」

(下北沢 本多劇場)

昇太・談春 対談

春風亭昇太 「力士の春」

立川談春 「噺家の春」

<仲入り>

立川談春 「木乃伊取り」

対談てーまは、「弟子」。

080211_133701 昇太師が、

東大経済卒の弟子の着物のたたみ方

(たたむ角度をきっちりとメモした)

の話をすれば、

080211_161201 談春師は、負けじと以前いた弟子「春ダチョウ」話。

乗り込む途中に車が走り出してしまって

片足をケンケンしたという話(マジか!?)に爆笑。

さて、前半は、

昇太師の「力士の春」を受け

そのオマージュ作品(??)

「噺家の春」。

春風亭コノヤロ噺を見事なまでに立川的毒噺にアレンジ。

(「堀井ズンズン」ネタは、我が意を得たり!)

仲入後は、

お待ちかね、古典の世界。

今回は「木乃伊取り」。

普段、ボクが落語を聴くときの神経経路って(そんな大仰なものではないケド)、

①聴く

②音が耳から脳に伝播する。

③脳の中に僕が作ったキャラクター像が映し出される。

の3段階の過程。

特に③が長丁場の主席の場合、時として、疲れる作業となる。

ケド、談春師の場合は、

①観る

②だんだん、談春師の顔に髭が生えたり、白髪になったり、皺が刻まれたり・・・

そう、

③がない分、疲れない。

ほんでもって、落語が、ストレートに来るのである!

これは、スゴイんでないかい!!

ああ、そうだ!

確か、先月の「志の輔らくご」でも同じことを言った・・・

恐るべし立川流。

(円楽党とは違う・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

春風亭正朝師

爛漫 「ラジオ寄席」(TBSラジオ)

大空遊平・かほり 「老後を楽しく」

ホリ 「モノマネ」

春風亭正朝 「普段の袴」

ホリの

「ちびまる子ちゃん」ネタにビックリしつつ

本日の主席

正朝師匠へ。

師匠は、もしかしたら寄席で聴いたか。。。。

いや、初めてかもしれない。

おお、本寸法!!

ラジオなのだが、

おそらく、こんな風に演じられているのかな

(特にサゲのところ)

が自然に目に浮かぶ。

流石!

近くで会を見つけるつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大文字の倹約稟議①】「本の購入について」

【稟議No.】

2008-節約-001

【本年度スローガン】

生活水準を決して落とさずに、豊かな倹約生活を構築する。

【本の購入について】

目的:

定価購入を避ける。

内容:

①金券ショップにて図書券(図書カード)を調達し、購入。

②なるべく三省堂で購入(クラブ三省堂会員の場合は、ポイントがつく)

利益率:

金券ショップ図書券(カード)利用:2%

三省堂:1ポイント(100pで商品券と引き換え)

【可否】

可決(理由:一粒で二度オイシイ)

【実施日】

即日施行。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

映画「歓喜の歌」

映画「歓喜の歌」

原作:立川志の輔

監督:松岡錠司

出演:

小林薫

伊藤淳史

由紀さおり

浅田美代子

安田成美 ほか

Images 先月、PARCO劇場で観た原作とは

また異なった切り口。

コレもまた、イイのでは。

ちょっとホロッとさせるところもあって

イイ日本映画!

ところどころに

そーだそーだ、この台詞は原作(志の輔落語)あった、あった

と発見できたのがうれしい。

(特に、終盤の筒井道隆とのやりとりは、ツボだった!)

<要チェック>

例の調子で、ウーっとやっている談志師匠は必見!

あ、たぶん・・・・これがキウイ。。。。。かな??程度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

麺屋 宗(sou)

過去2回

定休日やら、マスコミ取材やらで

フラレてしまった

高田馬場「麺屋宗(sou)」に行く。

あ、空いていた。。ラッキー。

噂どおりのモダンな店内。

コレは、BARだなあ。。

コップも洒落ている。

080208_184601 「地鶏魚玉そば」(880円)

ボコボコ麺なるものは、売り切れとのこと。

魚貝エキスをかけたタマゴば美味。

地鶏が、歯ごたえありあり。

ナンじゃ、このシナチク・・・長い・・・

スープは、うっすら塩味。

上品である。

(下品なボクは、最初「ん。。味がない・・・」と思ってしまったが

後から旨みがきた。)

男性諸氏には、ちと物足りないかとは思うケド

流石の出来。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 7日 (木)

ザ・ハンバーグ

駿河台下

明大のちょっと先

小さなビルの3F

「ザ・ハンバーグ」

080202_182301 「ハンバーグ150g&若鶏のハーブ」

ココの店は、本当に、本当に

久しぶりだケド

ああ、そうそう、それそれ!

この味、この味!

と思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

「さぼうる」

落ち着くんですよ、ここは。

神保町の駅の真上にある、喫茶店

「さぼうる」

080202_172701 その名のとおり、いつまでもココでサボっていてイイですよ

と、

決して、出て行け催促はない店。

ちょっと薄暗い店内を入って

080202_172601 ちょっと硬くって、でも座っているうちに

慣れ親しむ椅子に腰掛けたら

暫し、壁の無数の落書きを見てほしい。

ここで過ごした多くの人々の、想いが詰まっている。

080202_174301 ああ、ここで、デートしたんだ。

こっちは、受験生かあ。。

白ペンで書かれた小さな落書き。

上書きに上書きを重ね、もはや芸術。

ここでコーヒーを飲むのが何よりの贅沢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

東京タワー、オカンと・・・えーと何だっけ!?

と、混乱しつつ、

そして、寒空はだかの「東京タワーの歌」を歌いつつ、

(知っているかなあ・・)

先週末、

関東人なのに(だから?)

生まれて初めて

080202_212401 東京タワーに登る。

特別展望台から見渡す夜景は、「ヤケ(夜景)」に綺麗なり。

眼下にそびえる多くのビルに

きっと「夜警」がいるんだろう。

あそこに見えるは、六本木ヒルズ

080202_204601 ひときわ「ヤケ」に存在感。

近頃、見ないぞホリエモン

「ヤケ」を起こしていないかい?

スイマセン、くだらなくって・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

池袋の良心「美松」

池袋の、丸井の前の道を

ちょっと行ったところ

080202_120401 定食「美松」がある。

店構えがナカナカである。

土曜の11:30の入店であったが

後から後から、ひっきりなしに客が来る。

でも

店内は静か。

店の方は、キビキビ

客は、モグモグ

イイ雰囲気だ。

080202_114601 「竜田揚げ定食」(950円)

奇をてらったところがなく

THE「定食」の趣。

ただ

惜しむらくは、価格が池袋1等地価格であるところか。

(2駅先のババなら「-200円」が妥当価格か・・)

それは兎も角、

池袋の良心といえる店は、異論のないところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

「春風亭柳昇」特集

「爛漫『ラジオ寄席』」

(TBSラジオ)

「春風亭柳昇特集」

春風亭柳昇 「結婚式風景」

春風亭柳昇 「カラオケ病院」

飄々の噺なのに

Images なんで、このジーサン、面白いのか!

録音会場で、笑いすぎて、むせている人の音が聞こえる。

お亡くなりになったのは残念のきわみ。

でも、師のDNAは

桃太郎

鯉昇

そして

昇太へと

脈々とつながっているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目覚めると

窓の外は雪。。

ということで、今日は冬眠とする。

偶々か、なんなのか、

雪の休日だというのに、ガキンチョの声がなし。

ガキンチョは、犬と一緒に

雪にまみれるのが仕事なんだから。。

遊べ、遊べ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「若手花形特選落語会」

「若手花形特選落語会」

(新宿厚生年金会館)

柳家三三 「やかん」

春風亭小朝 「越路吹雪物語」

林家いっ平 「悋気の独楽」

<仲入り>

三遊亭白鳥 「マキシム・ド・呑兵衛」

林家たい平 「紙屑屋」

春風亭昇太 「ストレスの海」

ナカナカ豪華な顔付であると同時に

080202_164402 会場の熱気(多くは、空調調整によるものと思われる)にクラクラしてしまった。

で、

今回はやっぱり、白鳥師でしょう!

厚生年金会館で、

小朝、いっ平といった

根岸綺麗系のネタを求めに来た

善良なおじ様、おば様たちの前で

「マキジム・ド・呑兵衛」とは・・

初白鳥で戸惑っていた客がいつの間にか

会場、ドッカン、ドッカンである。

三三師の「やかん」も良かった!

師匠である、小三治師をちょっと思わせる

語り口がなんとも心地良い。

最後は、トリなのに

昇太師とあって、肩の力を抜いて楽しむ(イイ意味で)。

シカメッツラせずに

楽~~に「ストレスの海」

大笑いで、血の巡りがよくなった気が。

あ~~、面白かった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

高田馬場「七福神」

麺屋「宗」が

行くたびに「閉店」といった

ジュリアに傷心(古いなあ)を

やさしく包んでくれたのが

「七福神」であった。

080201_201201 「つけ麺&生卵」(750円)

元祖の大勝軒より少々高めだが

大勝軒のオヤッサンを髣髴とさせる

やさしい味にホッ。

今週のイイ〆となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »