« 【追悼】東京ボーイズ 旭五郎 | トップページ | 黒と黒 »

2007年10月11日 (木)

「連馨寺 辻講釈を楽しむ会」

日曜日、

図書館に行く道すがら

連馨寺に寄ってみる。

Sa350050 ←観光都市 川越。

家から5分の距離に人力車が走っているのは

不思議。

Sa350057 ←ちょうと小さなお祭りをやっていた。

左は、オババ向け洋品を売っている。

素朴である。

Sa350055 ←川越市内では、有数の名刹。

佇まいが良くて好きだなあ・・

まずは参拝。

Sa350053 ←ココの寺には

なでると、そのところが直るという

「おびんずる様」が祭られている。

でも、このポスターは・・・・

Sa350056 ←「おびんずる様」ご本人。

あの人の次になでる。

「アヤツの右足が早くよくなりますように・・」ってよ。

Sa350052 ←そうだ、

今日は「辻講釈を楽しむ会」だ。

実は、「東京かわら版」にもきちんと掲載されています。

マニアックな雑誌にあって

その中でもマニアックなイベント。

Sa350054_2 ←会場。

常連さんが集う。

ボクは会場外で暫しの間、楽しむ。

家から、5分のちょっとした風景。

|

« 【追悼】東京ボーイズ 旭五郎 | トップページ | 黒と黒 »

コメント

お心遣い本当に感謝しております。
ギプスがとれたあかつきには、おびんずる様の前にてコサックを踊り、感謝の舞を奉納したいとおもいます。
しかし、このおびんずる様。
よく見るとあぐらをかいてらっしゃる!
いけません!危ないです!!
きっと長い間アノ体勢。
かなり足もジンジンと痺れているハズ。
立ち上がりしなに、すっころんでギプスをはめる可能性大でございます。
早く足を伸ばさないとお怪我しますよぅと耳元にそっと囁きたくなるのは私だけでしょうか?

投稿: Ms.ギプス | 2007年10月12日 (金) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/16732225

この記事へのトラックバック一覧です: 「連馨寺 辻講釈を楽しむ会」:

« 【追悼】東京ボーイズ 旭五郎 | トップページ | 黒と黒 »