« 暖簾は語る | トップページ | ももんじや »

2007年9月22日 (土)

「花形演芸会」

JBA所属、茶太郎氏と向かう。

「花形演芸会」

(明治座)

林家いっ平 「荒茶」

三笑亭夢之助 「天災」

春風亭小朝 「扇の的」

<仲入り>

林家正蔵 「お菊の皿」

三遊亭楽太郎 「禁酒番屋」

Sa350007 ←およそ、我々には縁のない

「明治座」に突入!

内部には、お土産屋はもとより、婦人服屋・かばん屋・漬物屋まで揃い、仲入りでは、多くのご婦人方が集う。

花道を走り抜けていっ平師登場!

(こういうところが三平師譲りなのだろう)

十八番の「荒茶」で沸かし、夢之助師のご婦人方の心を掴む高座のあとは、小朝師登場!

Images やっぱり、この人は天才だわ!

源平時代の物語、下手をすれば、小難しい内容になってしまうところを、グイグイ引き込まれる。

余談一つとっても、物語の導線となっている緻密な内容に

今回も参りました!

仲入りで最中アイスを頂戴し、後半へ!

正蔵師は、確実に進化しているゾ!

名人への道を進んでいると激しく思う。

楽太郎師も、緻密な落語。

色々な師匠の「禁酒番屋」を聴いてきたケド

そーか、こう考えると、自然に理解できるのか・・・

落語の奥深さを感じた。

ちなみに、茶太郎氏、「禁酒番屋」お気に入り!

落語にはまったとみた・・・

|

« 暖簾は語る | トップページ | ももんじや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/16538899

この記事へのトラックバック一覧です: 「花形演芸会」:

« 暖簾は語る | トップページ | ももんじや »