« 最多アクセス御礼 | トップページ | いもやの流儀 »

2007年9月 4日 (火)

幾山河

瀬島龍三氏は、評価が分かれる人物だが

やはりスゴイと思うのは

ボクと同じ年齢で大本営の幹部となって

米国との戦争を指揮したこと。

戦争の是非は、論じないケド

同じ年齢で日本を将来を背負って仕事をされたことを比べるに

反省しきりである。

Images 初めて瀬島龍三氏を意識したのは

フジTVの深夜番組「ニッポンの夜更け」だったと思う。

鶴瓶・香取慎吾を相手に

淡々ながらも一言一言に重みがあった。

氏の本の「幾山河」は、

幾度となく読んでその度に新たな発見がある。

今夜も読んでみます。

ご冥福をお祈りします。

|

« 最多アクセス御礼 | トップページ | いもやの流儀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/16343787

この記事へのトラックバック一覧です: 幾山河:

« 最多アクセス御礼 | トップページ | いもやの流儀 »