« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

トムヤムクンラーメンってのは・・・

同僚が大絶賛した

高田馬場「BOSS」の

トムヤムクンラーメンを食す。

Images 世界三大スープ(他の2つは知らん)に

麺を加えてしまった代物。

最初・・

「ん・・・・・・」

次、

「ほぉーーー」

そんで

「なるほど、イケル」

そんなこんなの昼食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

立川談笑師の「金明竹」はイイゾ!

もうカレコレ何週間になるか・・・

「面白いから、聴きなハレ」と言われた

立川談笑師のCD

忙しさにカマケテ聴きそびれて

ようやく昨日、聴く。

結論:人の薦めは素直に聞くべし!

「金明竹」

Images 大笑い!最高!!

なるほど

東北弁ときたか・・・

そして、爆笑の中にも

さすが立川流という深い洞察もあり

薄っぺらくない作品となっているのは流石「とくダネ」師。

オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

出口調査の結果・・

出口調査を見たら

昨日の、

ニュースペーパーライブの結果と大体一致していることに

びっくり。

さて、寝ますか・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

「ザ ニュースペーパー マンスリーライブ」

最後まで、どこに行こうか

迷いに迷ったが、

明日が参議院選挙ということで

「ザ ニュースペーパー マンスリーライブ」

(高田馬場 TRICK STAR)

Images 今回のテーマは

「中国産食品」

「ネットカフェ難民」

そしてなんといっても

「参議院選挙」。

小沢一郎

安倍首相

小泉前首相

さくらパパ等が出演。

選挙前恒例の

模擬選挙では

民主党がダブルカウントで勝利とでたが

さて、明日は・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

又吉イエス

このブログとリンクしている

だーたか師のブログで

志位書記長の演説風景が載っていたので

こっちは

コレでもクラエ!!

070727_192501 ←本日夕刻

高田馬場にて。

東京都民にはお馴染みの候補者。

あの、なんとも言えない

絶叫演説を堪能す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三遊亭遊雀師

今週のお楽しみは

なんといっても

三遊亭遊雀師のDVD

「落語大全 From笑王.net」

165 である。

「強情灸」

「熊の皮」と

インタビューが収録。

今、繰り返し観ている。

「熊の皮」、面白すぎ!!

妖しい(!?)長屋の先生は

何度観てもばか笑いである。

週末も落語三昧っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

一鶴

そうだ

土曜日に「一鶴」にいったんだっけ・・

グルメ番組で何度となく放送されて

いつかは行きたいな、と思っていた。

鳥焼き専門店「一鶴」である。

川崎大師に行く途中、ちょっと先の横浜で降りて

ちょっと歩いたところにある。

Images 定番の「ひなどり」と「とりめし」を発注。

やわらかいが、やはり弾力感じる「ひなどり」。

スパイシーな味付けに

絶対にビールに合うを実感。

「とりめし」も、イイ感じに炊き込まれていて

合う。

コレで、クーポン使って1000円は

安いのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

お召し列車に遭遇す。

昨日、2:30pmくらいだったろうか・・

所用を済ませ、埼京線で帰社する途中、

赤羽の手前で

目の前を抜いてゆく車両があった。。

綺麗で

高級そうで、、、、

赤羽駅に差し掛かったとき

多くのファンがカメラのシャッターを押しているのを見たとき

ふと新聞記事を思い出した。

「あれか・・・」

お召し列車である。

20070724at1g23036230720071f いつか乗ってみたいなあ。。

とそんなことをボーっと考えている

平民の目の前を

お召し列車はスッと通り過ぎていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

漫才を外注すること

今日のニュースで

「ますだおかだ」が、漫才のネタを

Images_389 柳家喬太郎、大川豊総裁らに外注するという。

良いことと思う。

昨今、TVなどでブレークする

いわゆる若手芸人が

次々に消えてゆくのはなぜか?

そう、飽きられるからである。

同じようなネタばかりだと、

いくらなんでも「もういいよ」となってしまう。

この点、作家をつけるとどうか?

新しい面が出るのではなかろうか。

昔、てんぷくトリオがマンネリを打破するため

井上ひさしを座付作家としたと聞く。

また、

何年も演じられる名作もできるのではないだろうか。

コント山口君と竹田君は

昔、三谷幸喜氏が作ったネタを今でも上演しているという。

若手の中で実力がある

「ますだおかだ」が危機感をもって

かかる行動に出たのなら、

凄く評価である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

祝!24万アクセス!!

先週の時点で

Bb0511141 このブログの累計アクセス数が

24万件を超えました!

これからも、どうぞご贔屓に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎大師 風鈴市

京浜急行の

そこまで・・というほどのスピードに揺られること暫し。

Cimg0810 川崎大師へ。

名物の飴を切る音に出迎えられ境内へ。

「風鈴市」である。

全国各地の風鈴・風鈴・また風鈴・・・

Cimg0811 江戸風鈴や

南部鉄の風鈴は聞いたことがあるけど

九谷焼の風鈴ってのもあるのか・・・

眺めた後

名物の葛餅と麩饅頭をいただく。

涼を楽しんだ一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「志の輔らくご 21世紀は21日」

ただただ良い時間。

「志の輔らくご 21世紀は21日」

(明治安田生命ホール)

立川志の輔 「ちりとてちん」

立川志の輔 「時そば」(翻訳版)

松元ヒロ   「今日のニュース」

立川志の輔 「唐茄子屋」

ロビーゲスト: ジンタらムータ 

Images_388 このシリーズは初めて、鑑賞。

開演までの時間、ロビーゲストの

ジンタらムータによる陽気なジンタを鑑賞。

幕が開くと、志の輔ワールド。

椎間板ヘルニアをおして登場し、

師匠、談志師を髣髴とさせる語り口から

「ちりとてちん」と「時そば」を。

「ちりとてちん」も「時そば」も

喬太郎師で何度も聴いているが、

落語というのは本当に面白いと思うのは

当たり前なことだけど

同じ演目でも演者によって全く違うテーストとなっていること。

「ちりとてちん」

凄く、理論的。

「ちりとてちん」の名前をつける件などはその表れか。

「時そば」

大銀座落語祭でやった英語版を披露し

その英語版の翻訳版としての「時そば」。

最初から客が2人出てくる構成なんだ・・・

松元ヒロの腹をよじれるパントマイムの後、

夏の人情話「唐茄子屋」

どんどん噺に引き込まれる。

マズイ、ウルッとしちまった・・・

大拍手!

本当に良い会。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月19日 (木)

鉢巻

ただいま

明日の試験に向け

悪あがき中。

いくつになっても

試験はついてまわる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

本当にあったウソのような話【恐怖のヤッチャン編】

帰り。

電車の席に座ると

隣に

いかにもその筋のお方と思われる御仁が座る。

うーむ・・・とちょいと緊張。

御仁、おもむろに携帯をいじくる。

何気なく見る。

液晶の下に大きなボタンが3つ

「・・・・・・・・・!!」

「ら、らくらくフォン!?」

Images_387 ヤッチャンにらくらくフォン!!

反則だろ~~!!

堪えるのに必死。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

大銀座落語祭2007の川柳川柳

「なんで、このおじーさん歌ばっかり歌ってんの??」

初落語が川柳川柳師だった

Images_386 会社のオネー様の感想。

「毒吐いていた」

「なんか、軍歌を楽しそうに歌ってた。」

「で、気が済んだらジャズを歌った」

「手のラッパを吹いた」

「ドラムもやった」

「落語??と思ったけど、笑い死にそうだった」

・・・・ハマリましたな・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

本当にあったウソのような話【床屋編】

3連休の最後の午後、

床屋に行く。

店内は、やはり混んでいる。

10分ほど、待った後で

席に座れた。

横を見ると

オッチャンがパーマをあてている。

あ、セットされたようだ。

頭から機械が外される。

「・・・・・・・・・」

Images_385 ←マジです・・

ホントホント

ウソじゃねーよ!

(出川風)

波平(仮名)は

店員に丁寧にドライヤーの仕上げを受けて

満足そうに帰ったとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

ドンキホーテ

台風がとりあえず

行った後、

先日、オープンした

「ドンキホーテ」に行く。

以前のDIYセンターと

当たり前といえばそうだが、

がらりと変わってびっくりす。

Images_384 ドンキの場合は特にそうだが

とりあえず、

商品位置と自分の所在を

インプットする。

帰りがけに「黒烏龍茶」等々を購入す。

市井よりは安いが

「ツルカメ」には負けると思う。

以上、だーたか氏への報告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大銀座落語祭2007

今年も吉例の

「大銀座落語会2007」に行く。

「究極の東西寄席 Dブロック」

(銀座ブロッサム中央会館)

<第1部>

春風亭昇太の会

春風亭昇太 「力士の春」

春風亭昇太 「茶の湯」

春風亭昇太 「宴会の花道」

<第2部>

桂春團治・橘家円蔵二人会

橘家円十郎 「弥次郎」

橘家円蔵 「鰻の幇間」

桂春團治 「お菊の皿」

<第3部>

桂文珍 独演会

桂文珍 「マニュアル時代」

桂文珍 「らくだ」

<第1部>

Shouta_1 昇太師、「オレスタイル」で1時間のハイテンション。

1時間で三席は昇太師だけか。

「力士の春」

「宴会の花道」は聴いたことがあるケド

「茶の湯」は、ボクは初だった。

個人的には古典にある昇太テイストとは、ちょっと違った

新鮮な構成に面白く笑った。

<第2部>

円蔵師、相変わらず元気でなにより。

Images_383 幇間が本当に似合う(?)

春團治師、

なんとも粋に羽織を脱いで

本題へ。

面白い!

少しゆっくりの口調から

会場全体が

怪談の世界に引き込まれるのがわかる。

所々の笑いが最高。

さすが名人!

<第3部>

Photo_2 初「文珍師」である。

オトンとオカンの会話の食い違いといった話から

「マニュアル時代」。

ずっと笑いっぱなしであった。

で、二席目は、

おお、「らくだ」だ!!

酔っ払いの紙屑屋が最高である。

「落語満貫全席」のサブタイトルのように

おなかいっぱいの一夜だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

ろはす

昨今、

食の安全に疑問がぬぐいきれない事件が多い。

ミートホープしかり

中国では

ダンボール入りの肉まんが売られる始末。

(それも肉の量よりダンボールの方が割合が大きいとは・・)

外食が多い自分にとっては、悩ましい事柄である。

今日行ったのは

池袋メトロポリタンプラザ内

「はーべすと」

Habesuto1 自然食ダイニングである。

やさしい味付けに

ホッとする。

安全・安心・健康。

今のニーズにぴったりの店舗と思った。

1週間のヨイ締めとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

SWAの沖縄料理店

昼メシは

白夜書房の目の前にある中華料理屋

「沖縄食堂 チャンプル亭」へ。

Images_382 白夜書房の前とのことで

「落語ファン倶楽部」の

SWAの三題噺の打ち上げが行われた場所と思われる。

本格的な沖縄料理を安価で提供してくれる。

本来ならば

スローフードを楽しみたいところだが

さっさと食べて

仕事しますか・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

面接されたくない有名人アンケート

「面接されたくない有名人ランキング」

があって

1位:細木和子

2位:みのもんた

とのこと。

Images_381 けだし順当!

面接官だったら

泣いて帰りそうなキャストである。

でも、

この調査って何の役に立つのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

脳内メーカーって・・・

帰宅すると

メールがあり、

巷ではどうも「脳内メーカー」が流行っており

あ~たのもやってあげたとのこと。

へーー

初めて聞いた。。。

名前を入力すると頭の中がわかるとのこと。

ちょっとドキドキしながら添付ファイルを明けると・・・Photo

←PNの「大文字彦左衛門」だとコレ!!

遊びと友人のみ!!

そ、そのとおり・・・

で、

本名だと・・・

この頭の中が

ほとんど「遊」だけ!!

うっっ・・・

真面目に労働をします・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

四万六千日

四万六千日、お暑い盛りでございます。

となると

Images_380 落語「船徳」の幕が開く。

今日は

そう、

「四万六千日」である。

旧暦の四万六千日

真夏も真夏である。

そんなとき、大川(隅田川)を

えっちらおっちら

渡し舟で上るなんざあ

粋だなぁ

と西武線の中で考えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

朝顔市

梅雨の晴れ間か。

午後、ぶらぶらと入谷へ。

「朝顔市」である。

恐れ入りやの鬼子母神に参詣し、

Im_1 切り火をしていただき、

朝顔の護符を頂戴す。

最終日の午後ということで

品切れの店が多い中、

Images_379 大将のオススメの朝顔を購入。

鶯谷までふらふら歩き

毎年、出店している

「羽二重団子」を買って帰る。

あ、今年も夏が来るのだな・・

実感。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落語版「キサラギ」を聴く

濃い会だった・・・

「柳家喬太郎独演会 ミッチリナイト

 七夕+愛+ミステリアス= 」

(なかのZERO 小ホール)

柳家さん若 「真田小僧」

柳家喬太郎 「怪談のりうつり」

<仲入り>

ペーソス

柳家喬太郎 「きさらぎ」

Kyoutarou_20 映画版「キサラギ」のキャンペーンの一環としての落語版を演じられた。

キョンキョン仕様の「きさらぎ」とは・・

江戸時代の品川宿に置き換え、

品川宿の女郎「如月」が自殺し

その一周忌に

女郎のファンが集まって・・・

といった内容。

最後のたたきこむような謎解きに

場内、笑いとともに「コウ来るか・・」と納得。。

ボクは映画版を観ていないが

問題なく楽しめる内容。

もちろん、映画版を観ると面白さが倍増かもしれない。

観に行こうか・・

他にも

さん若さんは、相変わらず、マイペースだし、

「怪談・・・」では

「東京イメクラ小唄」や

「クロケットヌードルソング」も出るは・・

ペーソスは妖しいは・・と

七夕の中野は

濃い夜となった・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

笑芸人

週の半ばに

Images_378 購入した「笑芸人Vol4」。

今回は

志の輔・昇太の大対談!

付録は

いよいよ

喬太郎!Images_84_3

楽しみにして週末を迎える。

読みますよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

琴平タワーか・・

虎ノ門に行くと

いつも目にする。

「琴平タワー」。

Images_377 桜田通り沿いの金比羅宮の敷地内に立つ地上26階建てのビル。

歩道から鳥居をくぐると

26階建てビルをくぐりぬけ(ビルが凹の反対の形になっている)、

神社にたどりつく。

現代と伝統の融合とでも称するのか・・・

否定はしない。

否定はしないケド

金比羅さんは、落ち着くのだろうか・・

ちょっとそんなことを思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

「二代目けいすけ」の冷やし海老そばにカンゲキす!!

で、

高田馬場の「二代目けいすけ」である。

Monkey38306286_s 「冷やし海老そば」を食す。

例の、「けいすけ」仕様の器が透明ってのがニクイ!

清涼感がある。

一口。

「・・・・・参りました」的なコク。

海老が苦手という方も、大丈夫と思う。

トッピングの夏野菜もヨイ!

個人的には、ちょっと酸っぱいタレにつけるよりも

そのママがいいなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

びっくぱふぇ

過日、シャノアールの

G05 「ビックパフェ」(500円)を食った。

高さは20センチはあるだろうか

上から下までギッチリである。

格闘15分。完食。。

ギャル曽根の辛さを少し感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

茅の輪くぐり

丁度、今の季節、

全国各地の神社に

輪っかがある。

Images_376 「茅の輪」である。

コレをくぐると

夏の間、無病息災とあるという。

大宮氷川神社にて体験す。

弁天橋の上にある茅の輪をくぐり

「よい夏が過ごせますように・・」

とお願いす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

「舞妓Haaaan!!!」

アタマではなく脊髄で理解する映画どす。

「舞妓Haaaan!!!」

(MOVIXさいたま)

Bn120_60 いかにもクドカンといった

強引なのに、引き込まれてしまう脚本に

(舞妓と野球拳をするのが夢というサラリーマンって設定って・・)

阿部サダヲの

強烈なまでのハイテンション!

(2時間、まるまる阿部サダヲショーの趣)。

2時間、なんじゃこりゃ!?と

笑い転げて

映画館を出た後に

アタマを休めた心地よい爽快感が残る。

一つだけ印象に残ったのは

柴崎コウの舞妓姿、最高!!である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »