« ろはす | トップページ | ドンキホーテ »

2007年7月15日 (日)

大銀座落語祭2007

今年も吉例の

「大銀座落語会2007」に行く。

「究極の東西寄席 Dブロック」

(銀座ブロッサム中央会館)

<第1部>

春風亭昇太の会

春風亭昇太 「力士の春」

春風亭昇太 「茶の湯」

春風亭昇太 「宴会の花道」

<第2部>

桂春團治・橘家円蔵二人会

橘家円十郎 「弥次郎」

橘家円蔵 「鰻の幇間」

桂春團治 「お菊の皿」

<第3部>

桂文珍 独演会

桂文珍 「マニュアル時代」

桂文珍 「らくだ」

<第1部>

Shouta_1 昇太師、「オレスタイル」で1時間のハイテンション。

1時間で三席は昇太師だけか。

「力士の春」

「宴会の花道」は聴いたことがあるケド

「茶の湯」は、ボクは初だった。

個人的には古典にある昇太テイストとは、ちょっと違った

新鮮な構成に面白く笑った。

<第2部>

円蔵師、相変わらず元気でなにより。

Images_383 幇間が本当に似合う(?)

春團治師、

なんとも粋に羽織を脱いで

本題へ。

面白い!

少しゆっくりの口調から

会場全体が

怪談の世界に引き込まれるのがわかる。

所々の笑いが最高。

さすが名人!

<第3部>

Photo_2 初「文珍師」である。

オトンとオカンの会話の食い違いといった話から

「マニュアル時代」。

ずっと笑いっぱなしであった。

で、二席目は、

おお、「らくだ」だ!!

酔っ払いの紙屑屋が最高である。

「落語満貫全席」のサブタイトルのように

おなかいっぱいの一夜だった。

|

« ろはす | トップページ | ドンキホーテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/15758835

この記事へのトラックバック一覧です: 大銀座落語祭2007:

« ろはす | トップページ | ドンキホーテ »