« たけし→鬼平→愛 | トップページ | 「全国大人電話相談室」 »

2007年4月 8日 (日)

第50回 扇辰・喬太郎の会

本当に、落語ファンでよかったと思える暖かい会だった。

「第50回 扇辰・喬太郎の会」

(国立演芸場)

三遊亭玉々丈 「無学者」

円丈師の弟子なのに、古典をやるとは、ナカナカいい度胸!

途中、「あっ、間違えた!」はご愛嬌。

柳家喬太郎 「たらちね」

50回記念ということで

リクエストの中から喬太郎師がまず選んだのはコレ。

「ガーコン」もあったが、拒否!

寄席でのショートバージョンではなく、じっくりと。

柳家喬太郎 「擬玉珠(ぎぼし)」

Images_306 会場内の、エッ、またキョンキョン!?のどよめきの中、再度登場。

扇辰師、楽屋入りするも、急病で高座に出られないとのこと。

キョンキョン、座布団を外して、深々とお詫び。

会場からは、辰っつあんに届けと暖かい拍手が鳴り止まず。

マクラでは「酒粕」の登場人物を、三平・談志・志ん朝師のモノマネでやるという余芸を披露。

最初は「崇徳院」と思ったが、「擬玉珠(ぎぼし)」とイイ意味で裏切られる。

こういう怪しい噺がいいなあ・・

<仲入り>

橘家文左衛門 「夏泥」

たまたま演芸場にチラシを届けに来た師匠がピンチヒッター。

キョンキョン師の妙に明るい色の着物に

玉々丈君の帯を締めて

足袋はないので靴下といった怪しげな姿で登場。

Kyoutarou_16 でも、さすが小朝門下、噺は一級品!

柳家喬太郎 「愛宕山」

上方の噺を上手く江戸風味に加工。

前半引っ張って、引っ張って、後半の爆笑に持ってゆくのはイイ!

最後に、再度、キョンキョンから今回のお詫び。

いやいや、こちらこそ、ありがとうございましたの拍手。

辰っつあんも、どうやら回復傾向にあるとのこと。

なにより。

10月の51回にも行く予定。

|

« たけし→鬼平→愛 | トップページ | 「全国大人電話相談室」 »

コメント

羨ましい!
チケット争奪戦な会に行けたとは!
でも扇辰師が急病になってしまわれたとの事。
大丈夫なんでしょうか。心配ですね。
大事にいたらないといいですけど・・

喬太郎師の擬玉珠。
私もこの噺、けっこう好きです。
擬玉珠をベロンと舐める所が怪しくてイイですよね。

投稿: いけぼん | 2007年4月 8日 (日) 18時48分

初めまして!「浦和市民寄席」をGoogleで検索していて見つけました。TBしたのですが、うまくいきませんでした。(^_^;)ネタを張り出してくれるのはいいですね。昨日の浦和市民寄席では、それがなく、ちょっと困りました。ノートに演者とネタを記録しているものですから。小生のブログもご覧になってください。

投稿: ニャンパル | 2007年4月 9日 (月) 15時55分

どうぞどうぞ、リンクお願いします。こちらもリンクを貼らせていただきます。都内通勤が終わり、寄席やホール落語に行く機会がなくなって(つまり、交通費が高いので(^_^;))きたので、近場にあるこの市民寄席は大いに楽しみです。今後ともよろしくお願いします。

投稿: ニャンパル | 2007年4月10日 (火) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/14596622

この記事へのトラックバック一覧です: 第50回 扇辰・喬太郎の会:

« たけし→鬼平→愛 | トップページ | 「全国大人電話相談室」 »