« 草餅の日? | トップページ | 林家ぺー物語 »

2007年3月 1日 (木)

【伝説】岩田屋のパン

このブログでお馴染の

小文字氏の誘導により

Images_271 伝説のパン屋 岩田屋に向かう。

閉店していると思っていたが

どっこい、川越某所にて営業しているのだ。

硬めのコッペパンに丁寧に、丁寧に「あんこ」「ビーナッツバター」「ジャム」を塗るのがここの名物。

「丁寧に、丁寧に」というのは、

例えば、1人の客に向けてパンに「あんこ」を塗ったあと、その「あんこ」の入った箱の蓋を閉めて、元の位置に戻す。

すぐ後の人のパンにも塗るのだから、戻さなくても・・

こんなことを考えるようでは、

まだまだ甘い!

1人当たり、所要時間10分の作業を楽しむのが贅沢な時間の過ごし方。

そうしてできたパンを今日の朝食とす。

素朴な味に、再訪を決意。

|

« 草餅の日? | トップページ | 林家ぺー物語 »

コメント

あまりにもあんこコッペパンが気になるので
硬めのコッペパン あんこと共に
ってチョット意味無くフランス料理風に言ってみました・・
(ふざけ過ぎました、スミマセン)
つぶ餡なのでしょうか?
朝食にあんこ!
血糖値をググッと上げて、一日をスタートさせるにはもってこいですね。

投稿: いけぼん | 2007年3月 1日 (木) 23時11分

僕も岩田屋愛好家の一人です。
昔大学の友人引き連れてアンバタを買いにいきましたよ。川越駅から徒歩で。

岩田屋といえば前は市役所の前で営業してましたが、市役所職員の態度があまりにも横柄だった為市役所の職員が来そうな時間は絶対に営業しなかったという逸話が残っていますね。だから時間不定期営業だったのです。かなり男気を感じますよ。

投稿: だーたか | 2007年3月 1日 (木) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/14086248

この記事へのトラックバック一覧です: 【伝説】岩田屋のパン:

« 草餅の日? | トップページ | 林家ぺー物語 »