« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

草餅の日?

どうも

今日は、「草餅の日」とのこと。

Images_270 それも

ボクが住む

サイタマ県カワゴエ市に限ってのこととのこと。

ただし、由来については定かではない。

今日、帰宅したら

近所の和菓子屋さんが

「・・ということで」と売りにきたとのこと。

し、知らないなあ・・・

でも、

まあイイカとつまむ。

蓬の香りが口の中に広がり

を感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

人生銀行

ハイ、

おっしゃるとおり

ミーハーでございます。

先週、

トイザラス所沢店にて

Images_269 限定6個の人生銀行を運良く購入。

現在、

預金総額6,000円。

住人(個人的に「支店長」と呼んでいる)は

3畳1間にお住まい。

いわゆる三角合併が解禁された今、

外資からのM&A攻撃に耐え、

無事に満期を迎えることができるか・・

あ、まてよ!

M&Aを受けたら合併対価が株主に入る・・

M&Aを希望の方は

ボクまでご一報を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

三遊亭円楽師の引退宣言について

昨日、

ボクが下北沢で

ウニになっていたころ

半蔵門の国立演芸場で

200702252545281n 円楽師「芝浜」を演じられていた。

その後の「引退」宣言はマスコミが報道するとおり。

納得できないものを演じては

お客に申し訳ないという言葉に

真のプロを感じた。

もちろん

いち演芸ファンとしては、これからも続けてほしいけど・・

続けて欲しいけど

そこは、グッと我慢して

師匠、今までありがとうございました!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

【下北沢演芸祭】別キャラ亭

まさに

白昼夢か・・・

春風亭昇太プロデュース 下北沢演芸祭

「別キャラ亭」

(下北沢「劇」小劇場)

前半は

Images_84_1 SWAのメンバー

入れ替わり立ち代り

架空のキャラクターに扮して

舞台を駆け回る。

田舎の村長(6号)

狂言師(3号)

カッパ(2号)

さかなくん(4号)

ヤンキー(1号)

2児の母(6号)

ダライラマ(決まっているでしょ、2号ですっ!)

間に

エルム街の紙切りこと、林家二楽師

とても鈴本では切れないような作品を堪能して

なぜか

最後は、極道大喜利

ヤクザの五七五作文で、

3号師の

「柳家は くさい話だ ザマアミロ」

三遊亭vs柳家の紛争勃発!

そんでもって

立川組の押し込みで大団円。

日曜の昼の12時から正味1時間。

頭がウニになってしまった・・・

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年2月24日 (土)

湯島天神梅まつり

「早春賦」の冒頭

「春は名のみの風の寒さや」

といった今日の東京。

午後の早い時間に所用を済まし、

さて、と御徒町から湯島へ。

道すがらの

「つる瀬」にて豆餅を購入。

塩気がほんのりとしていて

渋茶に合うんだ、これが。

湯島天神。

070224_133901 合格の御礼に訪れたと思われる

若人が多数。

鈴なりの絵馬の向こうに

桜ならぬ梅が満開。

もう春だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

四季彩亭~彩の国落語大賞受賞者の会

本当に、

本当に、

本当に

ボクはこの日を待っていました!

お帰りなさい遊雀師!!

そうですよね、いけぼんさん?

「四季彩亭~彩の国落語大賞受賞者の会」

(彩の国さいたま芸術劇場 小ホール)

桂夏丸 「青い鳥」

三笑亭恋生 「手紙無筆」

三笑亭夢之助 「たらちね」

<仲入り>

柳家喬太郎 「うどんや」

三遊亭遊雀 「御神酒徳利」

165 平成17年度彩の国落語大賞受賞の

三太楼改め三遊亭遊雀師が

あの以前と変わらないように軽い足取りで高座に上がられたとき

正直、鳥肌が立った!

待ってました~~~!!

キョンキョン師のネタを受けて

軽くまくらを振った後

「御神酒徳利」をじっくり。

軽い口調の中にもデフォルメされたキャラクター

といった師のスタイルは健在!

師の落語家休業の報を聞き、真っ暗になってから約1年

これまでの分も

遊雀師を追いかけますよ!!

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

ド豚骨ラーメン

高田馬場には

数多の有名ラーメン屋が存在するケド

基本的な細麺の豚骨ラーメンの店はないなあ・・

と思っていたボクは浅はかでした・・・

早稲田通りを

早稲田大学と反対方向に5分くらい向かったところに

「ぼたん」なる店がある。

一口すする

濃い・・・

Images_268 あるラーメンサイトでは

「ド豚骨」と称していたが

まさにその通り!

クセになる味!

チャーシューもジューシーでグッド!!

この通りには

二郎

純連

とガツン系のラーメン屋が多く

黒烏龍茶を持つボクを時たま目撃されるとのこと・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

白装束の集団

とうとう

都心に現れた!!

白装束の集団である。

足並みを揃え、

左手を挙げている・・・

ん、

背中に

メッセージを張っている・・・

070221_131401 ナニナニ

「焼き鳥1本200円」・・

あ、そういうことね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

欧米かっ!

まさに

そんな昼飯を食べることとなった。

本当に、本当に

久しぶりに

Mega マックに行き

メガマックのセットを発注。

た、食べきれない・・・

アメリカ人は

いつもこんなモノを食っているのか・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

一本柳道中双六(1日目)

月曜の昼間っから

落語なんぞを聴くなんて

道楽もいい加減にセイ!

だが、

極私的なプロジェクトが完了したということで

たまには一休みということでご勘弁を・・

春風亭昇太プロデュース 下北沢演芸祭

柳家喬太郎独演会「一本柳道中双六」

(下北沢「劇」小劇場)

柳家さん若 「堀之内」

二つ目に昇進した、さん作改め、さん若君。

イイ感じで楽しみの逸材とみた!

柳家喬太郎 「禁酒番屋」

<仲入り>

笑組

柳家喬太郎 「百川」

Kyoutarou_15 今日から4日間行われる会は、ネタおろしの古典勉強会的なもので、日替わりでネタを披露するとのこと

「禁酒番屋」の酔っ払いの役人や

「百川」の田舎者の下男などは

とてもネタおろしとは思えない。

絶品!

もちろん

キョンキョンワールドも満載!

前座時代にやった

鈴々舎馬風師の歌謡ショー

の振り付け講座には爆笑!

「三太楼」形・「たい平」形などあるという。

客席もマニアックなネタに大爆笑とは

濃いゾ!

今週は、金曜日も落語(遊雀・喬太郎・夢之介)である。

まあ、いいんじゃないでしょうか・・

追伸

喬太郎師に、今年の「ほぼ日手帳」に、サインを頂戴しました!

今回は似顔絵付きのバージョンです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

きくお

木久蔵・きくお親子が登場した

Kikuzo292_4 日テレの「波乱万丈」

朝っぱらから観る。

きくお、

30過ぎて

鼻から息が出来ることを本気で気づいたとのこと。

あまりの与太郎ぶりに

ズッコケル。

林家一門の将来は・・・明るいか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

イヨッ!正統派!!!

猛烈な2日酔いを楽しみつつ(?)

都内の用事を済ます。

やっと回復した夕刻、

ちょいと買いたい物を求めに

Images_267 アメ横へ。

目的の物はなく、

仕方ない、雨が降ってきたし帰ろ・・・

と上野駅に向かう道すがら、

とある魚屋にて、若い兄ちゃんが威勢のよい掛け声をかけていた。

ふと立ち止まる。

「社長!」

(ボクのことか?)

「今日は雨だから、明太子マケルヨ~~!1000円でどうだ!持ってけドロボー!」

(イイネエ、買おう!)

5000円札を出す。

「5000万円のお預かり、4000万円のお返し、これで家でも建てな~~~!」

ネタのような、このフレーズ、初めて聴いた!

これだけで充分の土曜日。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ご帰還

現在、1:05

このブログでたびたび出てくる

だーたか氏の御子のご生誕

および

その他のもろもろの

訳のわかるような、わからんような話題を

飲み屋3軒(だーたか氏は2件目から参加)

を梯子し

だーたか氏と

カンサイ氏とうだうだとしておりました。

寝ます・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

粋な着メロ

ボクの

携帯は、

自分でもわかっている

そう、マニアックである。

着メロ

古今亭志ん朝師匠の出囃子

「老松」

e-mail着信音

Images_266 柳家小三治師匠の出囃子

「二上がりカッコ」。

たまに自分でも分からなくなる・・

そう、

今日、電車の中で

「二上がりカッコ」が流れ

西武線内に寄席の風が吹いた。

ハイ、気をつけます・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

ぶらり途中下車の旅~北千住編

土曜日のイッセー・小松の2人舞台は

北千住で行われた。

北千住、

三遊亭円丈師の名作

Images_265 「悲しみは埼玉へ向けて」の中で

「群馬の隠し玄関」と賛辞された(?)

場末度満載の場所である。

ナニガアルダロウカ・・

上野から常磐線で10分

駅を降りると

ルミネ・丸井がデーン

アレッ北千住は、都会なのか・・

いや、違う・・・

惑わされてはいけない!

歩いてみる。

駅前の商店街の看板

「北ロード1010」

センジュウ(千住)のギャグが哀愁を誘う。

そして

丸井の反対側の

なんとも言えない

モツ煮の漂う飲み屋街・・

オオッ!コレコレ!!

この雰囲気を求めていたのだよ!!

いいねえ・・北千住

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

【祝!開店】麺屋武蔵 鷹虎

泣く子も黙っちゃう

「麺屋武蔵」の新店

「麺屋武蔵 鷹虎」が高田馬場駅前にオープンした。

夕食に立ち寄る。

テレ朝の密着取材のカメラを努めて意識しないように

でも

カメラ目線で食券機の前へ。

種類は

醤油、味噌、塩の三種類で

鶏がらと豚骨がベースとなっている。

面白いのが

そのベーススープの割合がカスタマイズできること。

例えば

醤油ラーメンの

ベーススープ鶏がら:豚骨が

4:0、1:3・・・0:4と選べるのである。

へ~である。

最初なので

醤油ラーメンの2:2を選択。

食べた後の感想は

Images_264 これ!

まさに「まいう~!」である。

高田馬場の新名所となると思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

ドリフはボクの先生だった・・

昨日は、

Images_263 「ドリフ大爆笑」の総集編。

近年のトーク中心の番組に飽きていたボクには

大満足だった!

今の少年少女達は

自我が確立する大事な時期に

お笑いの教科書的な番組に触れることができない。

これは、

由々しき事態ではなかろうか!

「教育改革」の第一歩は

お笑い番組改革である!

誰も賛同者はいないと思うけど・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

「小松政夫とイッセー尾形の今だから創れる『百戦錬磨の人生ドラマ』

本当に

文句なく大満足である!!

「小松政夫とイッセー尾形の今だから創れる『百戦練磨の人生ドラマ』」

(シアター1010)

Photo_1 この前観た

一人芝居に比べ

イッセー氏が楽しんでいたように思えた。

やはり、

小松の親分さんのお力が大きいと思う。

小松の親分さん、

コントとコントの間の着替えでも

客席を沸かすことを忘れない。

ザ・芸人!である。

今回の舞台、

熱海旅行のおばあちゃん

医者と患者

訪問販売のオバチャン

警備員・・

大まかなストーリーは

決まっていると思うケド

細かいところは

アドリブで勝負していたと思う。

ど素人のボクでもわかるケド

この手法って

相当、役になりきっていないと出来ないのではないだろうか。

このキャスティング、

またやってくれることを希望!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

祝!22万アクセス

皆様の

Ebi103_3 お陰をもちまして

当ブログの累計アクセス数が

22万となることができました!

今後とも

どうぞご贔屓に!!!

大文字彦左衛門

| | コメント (2) | トラックバック (0)

研ナオコ・中島みゆき

昨日の

「たけしの誰でもピカソ」は、

Yccw10030_6 研ナオコ特集。

中島みゆき作詞・作曲の

「あばよ」を熱唱。

これが沁みる・・・

参った、

ヤラレタ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

ぶらり途中下車の旅~上福岡編

東武東上線の

上福岡で電車を降りる。

駅前は

15年変わっていない。

上福岡、

埼玉県人でもその存在を忘れてしまう位の街である。

でも、

ボクにとっては

思い出が詰まった街である。

Images_262 ボクの通っていた高校は、

川越と上福岡の境界線の田んぼの真ん中に存在。

土曜日や定期テストが終わったあと

決まって、

カミフク(上福岡)に繰り出す。

初めてカラオケをやったのも

カミフクである。

当時、ズームイン朝の

ウィッキーさんのワンポイント英会話

クラスのヤツラと出て、散々なこととなったのも

このカミフクである。

高校を卒業してから10年以上。

皆は何をしているのだろうか・・

そんなことを思いながら

当時ハマッていた中島みゆきを聴く。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

武蔵野うどん

おそらく、

今年のトレンドは

「武蔵野うどん」と思う。

さしたる根拠はないが・・

でも

近頃、マスコミで少しずつ取り上げられている。

東村山所沢あたりが発祥とされているが

ボクが住む川越近辺でも

よく食べられている「うどん」である。

冷たいうどん熱々のつけ汁につけて食べる。

ついでに

野菜の天婦羅がついていれば、なおよい。

関東といえば

どうしても蕎麦が頭に浮かぶが、

ウマイうどん屋も多い。

B373100ps1 隣町にある

「庄司」という店のうどん。

コレデモカ!というほどのコシがあるうどん。

今週末、行きますか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

「笑点絵日記」

書店をふらふらしていたら

ナカナカ面白い本を見つけた!

Images_261 「笑点絵日記」(林家たい平著)

笑点の新レギュラーとなった

たい平師が覗いた

笑点の世界。

特に

Img_1 腹黒キャラの楽さん

実はとっても気遣いな人であったり、

(最後のたい平師への手紙がナカナカ泣けるイイ内容!)

また、

真面目キャラの好楽師

実は豪放磊落な人物であったりと、

日曜日の恒例が

また違った角度から観られそうである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

高田馬場の昼メシ

高田馬場で昼飯の時間となった。

ラーメン系はチト飽きた

ご飯ものがいいなあ・・

するってぇと

ボクは

早稲田通り沿いの「鳥やす」に足を運ぶ。

「鳥やす」とは・・

このブログでもちょくちょく登場する

だーたか氏の舌をして絶賛せしめた、

そんでもって

矢沢コンサート後に

小文字氏とグッタリした

焼き鳥屋である。

Images_260 まあ、そんなことはどーでもイイが・・

とにかく

ココの「モツ煮定食」(480円)が最高によろしいのである!!

煮込みすぎず、

でも

充分味がしみこんだ

モツがこれでもか!と入っている。

チクショー

また来るゼ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

うーむ・・・

である。

さて、

どう次の一手を打つか・・

と考えるも

Kyoutarou_14 妙案が出ないので

喬太郎師の落語でも聞いて

頭をウニにして寝てしまおう・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

ラーメン「うえだ」で乾杯、完杯そして完敗・・

気合が入っていないときは

気合を注入するラーメンを食べるに限る!!

ということで、

埼玉県新座市にある

ラーメン専門店

「うえだ」

同じく気合の入っていない小文字氏を伴って行く。

店内で並ぶこと20分

席についた我々の前に

Images_259 「特濃ラーメン」が到着。

この特濃ラーメン

ハードとソフトを選べるとのことで、

我々は、迷わず「ハード」を選択。

ドロドロ豚骨スープ

でも

魚介風味も入っており

しいて言えば

上品版「二郎」といったところか・・

でも、

毎度のことながら

食後の「液キャベ」は甘露だった・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

殿のちょんまげを切る女

今年も

上質の喜劇だった。

とんま天狗も大活躍!

「殿のちょんまげを切る女」(新橋演舞場)

Chirashi_s 演出:ラサール石井

出演:

中村勘三郎

藤山直美

大村昆

渡辺哲

波野久里子

岡本綾

中村七之助

主役級のメンバーをコレでもか!と集めても

一番安い席で見ると

2500円

さすが松竹!太っ腹である。

内容は

幕末のある藩主が

宮崎県知事となるという

あら、あの人・・

を思い浮かべるも

選挙前に台本が出来上がっていたという

なんとも予言的なもので興味深い。

でも

なんといっても

勘三郎と藤山直美のオーラである。

あの広い新橋演舞場の一番後ろの席のボクまで伝わった。

凄い・・・

最後は

節分ということで

出演者による「豆まき」で〆。

ちょいと得した夜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

節分前夜祭

たぶん、

ここ2、3年くらい前からだろうか・・

関東でも

Images_258 節分で「恵方巻き」なるものを食べるのは。

おそらく

コンビニが火を付けたと思う。

こんなに情報が発達した現代で

2、3年前まで

「恵方巻き」の存在を知っていた関東人は

とっても少ないと思う。

そう考えると

関東に広めた

コンビニ担当者の目の付け所は面白いと思う。

そうそう、

今年の「恵方」は

北北西とのこと。

映画のタイトルではないが

明日は

みんなして

「北北西」に「進路」をとっているのだろうか・・

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年2月 1日 (木)

サライ

サクラ吹雪の~~~~~

の黄色いTシャツではなく

雑誌の「サライ」である。

特集が

「落語完全ガイド」とあっては、

放っておけない!

冒頭の

桂米丸師のインタビューから

Images_257 小三治師

志ん生、

五街道雲助と

めちゃくちゃ渋い顔付け!

付録のCDも

金馬

小さん

松鶴といった

玄人好み。

サライ、やるねえ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »