« M-1反省会 | トップページ | 恵比寿のロケ »

2006年12月25日 (月)

ボクが生の笑いが好きな理由

今日の

日刊スポーツの

高田文夫氏が書いた

青島幸男氏の追悼文を読んで、

今までモヤモヤしていたものが晴れた気がした。

そうだ、

ボクは、

作りこんだ笑いが好きなんだ・・

高田センセー曰く

「今は、ただタレント任せのトークだけという無能なバラエティーが幅を効かしている」

同感である。

どれもこれも、ちょっとメンバーを変えただけで

新鮮味がないなあ。。

では、

やっている本人たちはどうなのだろうか?

もちろん、ボクは

芸能人本人に聞くことなんかとてもできない。

でも、

例えば、

トーク番組といえば、真っ先に思い浮かぶ

明石家さんま氏。

ボクは、今年彼の舞台を2度観たケド、

すっごく楽しんでいた!

特に

「明石家さんまプロデュース」は

終電近くまで、これでもか!と離してくれなかった。

同様なことが

関根勤、

伊東四朗、

三宅裕司、

渡辺正行等々

枚挙にいとまがなくいえる。

皆さん、本当は

作りこんだ笑いをやりたいんだなあ。。

そういえば

欽ちゃんがどこかの本で

「ボクはテレビで大人の笑いをやったのは1,2回しかない」

と言っていた。

本当の

オトナの笑いを観たければ

舞台を観るしかないんだなあ・・

今日、

Images_217 加トちゃんが手術について会見をした。

そこで

「健康になったらバカを通します」

言ったそうだ。

力強い芸人の復活である!

ボクの夢は

Ikari ドリフのコントと

ツービートの漫才を

生で観ること。

どうか、叶えて欲しい・・

|

« M-1反省会 | トップページ | 恵比寿のロケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/13199020

この記事へのトラックバック一覧です: ボクが生の笑いが好きな理由:

« M-1反省会 | トップページ | 恵比寿のロケ »