« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

紅白大予想!

さて、

続いて

「第57回 NHK紅白歌合戦」の予想である。

今回は

ナイナイの岡村氏

サプライズゲストとして登場に

がぜん観る気になる。

さて、

予想であるが・・

<勝>白組

<負>赤組

理由:

大トリがサブちゃんですよ、サブちゃん!

サブちゃんが大トリである以上、白とみた。

平均視聴率:

50%超え

理由:

特になし。

ただ、巷では、低い予想を出しているので、

敢えて、逆を予想してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K-1大予想!!

まあ、

なんか知らないが

大晦日のアレヤコレヤを

やったような

やらなかったような・・

という

中途半端は気分が

毎年のこの時間にある。

閑話休題

恒例の

「誰にも頼まれたのではないK-1大予想」を・・

>桜庭和志 - 秋山成勲<負>

>チョホンマン - ボビー・オロゴン<負>

>山本KID - イストバン・マヨロシュ<負>

>魔裟斗 - 鈴木悟<負>

<負>曙 - ジャイアントタリバ<

今年も曙は負けと予想。

あ~~またねえ・・という結末で・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お残しは許しまへんで!!」

12月31日

もろもろのことを

もろもろに行う。

そんな合間、

ふとTVをつけると

Images_223 「忍たま乱太郎」をやっていた。

ボクは、

全くといっていいほど

マンガやアニメには興味がないケド

これだけは好きである。

というのも

ボクが

小学生のとき

「朝日小学生新聞」で連載されていて

毎朝、このマンガを見ないと1日が始まらなかったからに由来するものと思う。

食堂のオバチャンも健在でなにより。

「お残しは許しまへんで!」

と言われないように

来年は

ボクの嫌いなナスを克服してみるか・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みそか」に聴く噺

時計の針が

12を超えた。

ということは

当たり前だが

今日は

大晦日である。

さて、

恒例の大晦日噺を何にするか・・

Images_221 我が落語CDコーナーを見る。

昨年は

林家たい平 「芝浜」で決まりだったが、

この前購入した

Images_222 柳亭市馬 「掛取万歳」も最高である。

あ、

喬太郎師の

「冬のそなた」も

そーいえば、年末の噺だよなあ・・

きっと、

全部、聴くんだろうな・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

全国民に問うのだ!!

やはり

マチャアキ

大晦日元旦にその才能を発揮すると思う。

でも今年は

レコ大が30日

やはり違和感・・・

ボクは問いたい!!

明日、

善良なる国民は

紅白の前に何を見たらよいのか!!

まあ、そんなに力まなくても良いとは思うが・・

ちょっと前に

八代亜紀が「舟歌」を歌っていた・・

ボスのCMではないが

いいねえ

泣けるねえ・・・・

しみじみ歌がない昨今

再評価すべきと思うが・・

まあ、それはそれとして

しばし

レコ大を楽しみつつ

20051121007fl00007viewrsz150x 9:00pmからは

フジTVの

「THE 有頂天ホテル」を観よう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

予実績管理2

12月29日

午後

予定:年賀状書き

実績:超高速で作成完了。(全くココロがこもっていないのは毎年のこと・・)

ということで、

あとは、

お茶でも飲んでゆっくりと・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

予実績管理

12月29日<午前>

予定:部屋掃除完了

実績:部屋掃除完了したことにする。

12月29日<午後>

予定:年賀状を書く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

御用収まらず・・

まあ、

今日は

今年最後の出勤日であるにも拘わらず

今年1番、

参ってしまった日である。

まあ、

Images_220 明日から

暫し

正月休みなので

ちょいと

頭を休めて

対策を練って

みましょうか・・

といっても

あ~~

部屋の大掃除・・

年賀状・・・

その他もろもろ・・

さそり座のO型は

ギリギリにならないと動かない・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

「明日があるさ」

年末に

窮地に立たされた・・

ふと

Images_219 口ずさむは

「明日があるさ」

若い僕には「夢」がある・・

今の環境では

「夢」が実現できないかも知れない・・

決断は

待ったなしである。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

風邪が治るラーメン

うーむ

風邪である。

年末でバタバタしているのに

イカンイカン

こんなときは

気合を注入しなければ!

大雨の

原宿駅に降り立つ。

目指すは

「九州じゃんがらラーメン」

ココの

Images_218 「こぼんしゃん」というラーメンは

ニンニクが効いていて

美味。

コノヤローと

替え玉まで注文。

(別に、怒る必要性はないが・・)

気合で食す。

よし、治った!!

本当か??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵比寿のロケ

ボクが

勤めている

Ygp_image_baccarat2_1 恵比寿という街、

たまに

撮影を行っていることがある。

今日も

7:45amに

駅を降り、

暫し商店街を歩くと

喫茶店「銀座」

撮影機材が持ち込まれていた。

ナゼ、恵比寿なのに

「銀座」なのか?

ボクは知る由もないが・・

今日は

エキストラとおぼしき

オバチャンが多数。

喫茶店の客役だろうか・・

その昔、

鈴木京香見とれて

会社に遅れそうになったが、

今日は

残念ながら会社に充分、間に合った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

ボクが生の笑いが好きな理由

今日の

日刊スポーツの

高田文夫氏が書いた

青島幸男氏の追悼文を読んで、

今までモヤモヤしていたものが晴れた気がした。

そうだ、

ボクは、

作りこんだ笑いが好きなんだ・・

高田センセー曰く

「今は、ただタレント任せのトークだけという無能なバラエティーが幅を効かしている」

同感である。

どれもこれも、ちょっとメンバーを変えただけで

新鮮味がないなあ。。

では、

やっている本人たちはどうなのだろうか?

もちろん、ボクは

芸能人本人に聞くことなんかとてもできない。

でも、

例えば、

トーク番組といえば、真っ先に思い浮かぶ

明石家さんま氏。

ボクは、今年彼の舞台を2度観たケド、

すっごく楽しんでいた!

特に

「明石家さんまプロデュース」は

終電近くまで、これでもか!と離してくれなかった。

同様なことが

関根勤、

伊東四朗、

三宅裕司、

渡辺正行等々

枚挙にいとまがなくいえる。

皆さん、本当は

作りこんだ笑いをやりたいんだなあ。。

そういえば

欽ちゃんがどこかの本で

「ボクはテレビで大人の笑いをやったのは1,2回しかない」

と言っていた。

本当の

オトナの笑いを観たければ

舞台を観るしかないんだなあ・・

今日、

Images_217 加トちゃんが手術について会見をした。

そこで

「健康になったらバカを通します」

言ったそうだ。

力強い芸人の復活である!

ボクの夢は

Ikari ドリフのコントと

ツービートの漫才を

生で観ること。

どうか、叶えて欲しい・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

M-1反省会

2006年度の

M-1は、

チュートリアルの優勝となった。

うん、文句なし!

で、

今年は

珍しく、

ボクの予想も

ちょっと当たってウレシイ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M-1大予想!!

さて、

今日はM-1グランプリである。

恒例の、

誰に頼まれたわけではない

優勝の大予想をしてみる。

ボクに乗って、テレ朝の100万円クイズに参加してもよし、

ケッ、ナニ言ってまんねん!

違う予想を立てても面白いと思います。

では、

大文字彦左衛門の予想は・・

◎フットボールアワー

○チュートリアル

△麒麟

結果と反省会は後ほど・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都心のちょっと洒落た公園

草月ホールに面した

246を

青山方面に

10歩くらい戻ったところに

小さいながらも

洒落た公園があった。

061223_131701 「高橋是清翁記念公園」

昭和の宰相

高橋是清氏の邸宅があった場所とのことである。

園内を散策してみる。

所々に

061223_131401 面白い像があり、

なかなかほほえましい。

けど、

園内の案内板を見ると

この場所、

実は歴史的大事件の舞台になった場所とのこと。

二二六事件である。

暴走した青年将校達が

時の高橋首相を暗殺した場所である。

名言(というのかな)

061223_131201 「話せば分かる」の場所であった。

逸話として、

その将校の中に

人間国宝

故、柳家小さん師匠もいたとのこと。

彼の場合

「話せば面白い」のだが。。

平和が何よりと感じた土曜日の昼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

ザ・ニュースペーパー「2007年問題がやってくるYa!Ya!Ya!」

「毒」がある笑いってイイ!!

ザ・ニュースペーパー

「2007年問題がやってくる!Ya!Ya!Ya!」

(草月ホール)

毒といっても、

政治家をはじめとする

T_photo_02 いわゆる「エライ人」に対してである。

小泉元首相、

安倍首相、

アッキー夫人

石原都知事、

将軍様

ライス国務長官・・・・

05 いいようにオチョクッている。

でも

観ていて

嫌味を感じさせない

カラッとした仕上がりは流石!

今回は

特別ゲストに

鈴木宗男氏登場!

トンチンカンなご発言に爆笑。

で、

その後、のコントで

鈴木宗男役が

プーチン大統領役に向かって

「♪ねえ、プーチン、こっち向いて~」

とやられたからにゃあ

大爆笑である。

笑いって

その時々の権力に対して

おちょくるのが始まりと思うし、

そのような笑いが

認められない世の中となってしまったら

ちょっと怖い。

通りの反対側が

赤坂御用地だってのに

「さる高貴なご一家」

堂々とネタにできる世の中に生きられて幸せなんだなあ。。

と感じた

そんな

天皇誕生日。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

キョンキョンからのクリスマスプレゼント

ボクは

基本的に

せかっちというか、

ココロの切り替えをするために、

舞台を観に行くときは

大抵、開場時間きっかりに到着するようにしている。

もちろん

今日の

よみうりホールでの会もそうである。

で、

入場すると、

ロビーの前のほうで

CD「の、ようなうた」

「東京ホテトル音頭」

カバンからせっせと出しているオッチャンがいる

よ~~~く見ると

あ~~~!

Kyoutarou_13 喬太郎師だ~~~~~!!!

無粋なのは承知の上、サインを頼むと快く応じてくださった。

そんで、

「どうぞ、最後まで、お楽しみください」

仰ってくださった。

めちゃくちゃ売れているのに

凄く、腰の低い方だ。

「実るほど・・・」は

師を指す言葉か・・

サインを頂戴した

「ほぼ日手帳」は家宝となった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

三派三人絵巻~林家正蔵・三遊亭歌之介・柳家喬太郎三人会~

最高の週末だった!

三派三人絵巻

~林家正蔵・三遊亭歌之介・柳家喬太郎三人会~

(有楽町よみうりホール)

<開口一番>

林家たこ平 「金明竹」

何年か前、鈴本か、どこかで、彼が初めて高座にたった時に居合わせたことがある。

冷や汗で「じゅげむ」をやっていたのを思い出す。

うん、上手くなっている!

Kyoutarou_12 柳家喬太郎 「ゆず」

冬至ということで、やはりこの作品。

お父さんと思っていたのが

実はお母さんだったという

喬太郎師の

ミステリアスかつハートウォーミングな仕上がり

(キョンキョンファンですと、なんとなく分かりますよね?)

で場内大爆笑かつ、納得の一席。

Photo 三遊亭歌之介 「幕末龍馬伝」

3人の中で一番爆笑をとったのがこのネタ。

寄席や、独演会で

何度となく聴くネタだけど、

腹がよじれて痙攣を起こしそうになった!

もう許してください・・

<仲入り>

翁家勝丸 太神楽

この人は、上手いのかそれとも・・

ワザとなのか、それともマジなのか・・

ウマヘタな芸と愛嬌がなんともイイ!

Images_216 林家正蔵 「読書の時間」

新作が続いたので、古典かなあと思いきや

またまた新作。

ボクは

新作派なのでちょっと得した気分。

正蔵師の新作は初めて聴くが、

構成からサゲがしっかりしていて

イイ内容!

今年の落語もこれでおしまい

あ~面白かった・・

(泣きの1回があるかもしれませんが・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

青島幸男の遺作

どうしても

たまらなくなり、

会社帰りに書店にて

本を購入。

Images_215 青島幸男著「ちょっと待った!青島だぁ」

(岩波書店)

帰りの電車で

むさぼるように読む。

スカッとした江戸前の文章。

ボクは

めったに本に折り目をつけないのだが

たまらなくなってつけた箇所があった。

彼が

『無責任」について語っているところで

「無責任という言葉に込めたかった意味は理解されなかったけど、

要は

「人間は抑圧された生き方をすべきでない」

ということと

「人としてこの世に生まれたのならもっと自由に、自分らしく生きるべきだ」

ということだった。』

ここだけでも

すっごく良い本です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

【追悼】カンニング中島

今日は、

追悼ばかりである。

岸田今日子さんもそうだし。。

そして

Images_214 カンニング中島死去の報。

びっくりした!

復帰間近と聞いていたのに。。

相方の竹山は

キレキャラで有名だが

中島の莫大な治療費を

影で支払っていたという。

この話を聞いたとき、

ちょっと涙がこぼれた。

中島、安らかに。

そして

ガンバレ竹山!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

残り物には・・・

残り物には「福」がある。

うん、ある!

いや、あって欲しい!!

毎年、

ボクは

Images_213 年末ジャンボ宝くじの最終日に

購入することにしている。

買うのは

「バラ」が定番。

だって、

連番だと

開けたときにすぐ分かってしまって

つまらないじゃないですか。

ということで、

昨年

3000円を見事(!?)当選した

高田馬場のとある宝くじ売り場で10枚購入。

あ、

ついでに

スクラッチ1枚買ったら

500円当たった!

もしかして

ボクって、ツイてる?

それとも

運を使い切ったりしたりして・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【追悼】青島幸男

江戸っ子だなあ・・・

さらっと、いっちまった・・

Tky200612200261 青島幸男氏である。

彼の代表作は

「シャボン玉ホリデー」

クレージーキャッツのギャグの数々

「青島ダァ」

であるが、

もちろん

ボクは、生で観たことはない。

でも

ドリフターズ

伊東四朗

ビートたけし等々

彼の

DNAを引き継いだ

笑いを今、楽しんでいる。

東京のカラッとした笑いを

作った功労者!!

本当に、

本当に

すばらしい笑いをありがとう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

歌手「和田アキ子」

今年の

紅白歌合戦の曲目が発表された。

サブちゃん

「まつり」はやはり外せない。

あ、

Images_212 和田アキ子の曲目が

「Mother」だ。。。

ボクはこの歌が好きだなあ・・

今年は

フォークのカバーアルバムを出して

改めて

彼女の歌唱力に感動した。

大晦日は

歌手、和田アキ子に期待である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

江戸の情緒

月曜から

忘年会はどうかと思う・・

それは、さておき

土曜日、

矢沢永吉のライブの前に

所用で神田に行く。

もう、

Images_211 門松の飾り付けをしている。

棟梁と

年の頃は

17、8と思われる

女の子が

「壱番組」の袢纏を着て

1軒、1軒、

家の前で

門松を作っている。

いい風景!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

矢沢永吉「NEW STANDARD」 Rock Opera 2(その2)

あれは

「夢」だったのだろうか・・

Images_210 EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2006

「NEW STANDARD」  ~Rock Opera 2~

(日本武道館)

である。

武道館公演の2日目。

1万人の「永ちゃん」コールの中

彼は降臨した。

彼の一挙手一挙動に

ボクらは

酔いしれ、踊り、

涙した・・

老いも若きも

男も女も。

昔、

やんちゃだった(と思われる)

オッチャンも

いかにも

普通のオバチャンも

タオルを宙に舞い上げた!

2時間15分。

幸せなひと時だった。。

~自分へのちょっとしたメモ~

よく、ファンレターに

「どうして、大舞台でも緊張しないか?」

という手紙が多いとのこと。

彼は、

もちろん、緊張しないはずがない。

自己暗示が得意。

自分は出来るんだ!出来るんだ!

と暗示をかけるそうである。

コレは、明日から実践することにしよう。

~ネタ~

武道館があるのは

皇居に隣接する、

北の丸公園。

その中の

ちょっとした

売店と食堂を兼ねた建物。

永ちゃんファンの

白いスーツのオッチャンが集合し、

軽食を取っている。

その

横の売店には

「2007年 皇室カレンダー」販売の広告。

この

なんともいえないミスマッチが

ちょっと

イイ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2006「NEW STANDARD」 ~Rock Opera 2~(その1)

まだ

興奮が醒めやまない。

Images_209 EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2006

「NEW STANDARD」 ~Rock Opera 2~

(日本武道館)

まだ

頭の中がうまく整理できない・・

その

混乱した頭を

何とか纏めて

印象に残ったことは

他の

どのライブ以上に

舞台と観客との一体感があったこと。

スローバラードの

「東京」で

ボクらの隣にいた

女性が

涙していたこと・・

である。

この話は、ちょっと続きます。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年12月16日 (土)

「中島みゆきのオールナイトニッポン」

さて、

今日は

これから

「中島みゆきのオールナイトニッポン」

Yccw10030_3 はじまる。

レギュラー終了から19年

特番から15年ぶりとのこと。

その間、

東京FMや

NHKFMで

番組をやられていたが

やはり

ビタースィートサンバ

でなければ始まらない!!

ボクが

深夜放送を良く聴いていたのは

そう高校時代。

その頃は、

深夜2時、3時も平気だったが

クソー

眠い。。

でも

あの

ぶっ飛んだ(失礼!)DJを聴くために

なにがなんでも

起きているのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月15日 (金)

いざ!!

いざ、

である。

いざ

Images_208 明日は

武道館である。

永ちゃんが待っている・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレー専門店「エチオピア」

今夜から

明日の夜まで

気合を入れなければならない

仕事ではないケド・・

そんなときは

高田馬場

Images_207 カレー専門店

「エチオピア」に向かう。

インドカレーなのに

「エチオピア」とはコレイカニ??

なのだが、

辛くて、辛くて

そして

ウマイ!

よし!

気合が入ったゾ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

「大忠臣蔵」

今日の東京は、

夕方から

冷たい雨。

でも、

今から300年前の今日は

雪が降っていたそうだ。

赤穂浪士47人

吉良邸に討ち入りを行った日である。

さて、

そんなことに思いをはせながら

今日のために

買っておいた

Kuni_1 カリスマ浪曲師

国本武春さんの

「大忠臣蔵」を聴くことにしよう。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年12月13日 (水)

汐留漫遊記

夕方、

所用で

虎ノ門に行く。

銀座線に乗って新橋へ。

さて、

夕飯の時間だなと

汐留口の方へ。

日テレプラザ内に

「汐留ラーメン」を発見し、入る。

日テレプロデュースの店ということで、

なんとなく

ど~かなと思っていたが、

なかなか、ど~して

こってり醤油の美味!

満足して外に出ると、

目の前に

「日テレショップ」。

Img もしやと思い入ってみると。

あった、あった。

笑点グッズの数々!

「春風亭昇太の携帯ストラップ」

「『笑点』座布団カバー」を購入。

今、

笑点座布団の上で

このブログを書いている。。

さて、

このブログに

歌さんは

座布団をくれるだろうか・・

それとも・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

今年の「漢字」

「命」だそうである。

秋篠宮家に

ご長男が誕生した慶事や

自ら命を絶つ若者が多かった

という

悲しい、社会現象を

象徴してのとのこと。

ただ、

ボクとしては

「命」といえば・・

Images_206 ゴルゴ松本のネタを思い出す。

来年は

TIMのもう一つの名作

「祝!!」

になる1年にしたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月11日 (月)

畳替えが済んだ

Images_205 家に帰宅する。

玄関を開けたときに

イグサの良い香りが漂う。

暫し

大の字になる。

熱くて渋いお茶を飲む。

月曜の疲れが取れた・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あした順子・ひろし

この人たち

やっぱり凄いよ、

スゴイ!!

漫才の

あした順子・ひろし師匠である。

Images_204 昨日の

「笑点」に登場!

観るたびに

ネタが進化している。

大正11年生まれの「ひろし」師匠と

昭和7年生まれの「順子」師匠が

「メイドカフェ」ネタをやるのである。

これは笑うしかないでしょう!!

もちろん

定番の

ひろし師匠の「ヒロシです・・・」

「♪男は貴方ひろし~」「♪女はお前、順子~~」は、健在。

ボクが好きなのは、

オチの

ひろし師匠:「そんなに頭を叩くから薄くなるんだよ」

順子師匠:「じゃあ、これでも付けな」と

自らのカチューシャをひろし師匠の頭につけて

無言で一礼し

舞台を去るという

なんともシュールな終わり方。

確か、爆笑問題の太田光氏も

感嘆したオチだったと思う。

昔、何かの対談で

「同じネタばかりだと、世間から遅れてしまう」

と仰られていた。

こういう師匠だからこそ、息が長く活躍されると実感した日曜の夜。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

表参道akarium

JR原宿駅から

クエストホールまでの

少しの距離だったが

Event01_1 表参道akarium

を鑑賞する。

和テイストのイルミネーションである。

落ち着いた感じつつも

斬新であって

猥雑な原宿の街が

ナカナカ

イイ感じになっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

良い舞台の条件って・・

そうそう、

ボクは

イッセー尾形さんの公演は

初めて。

普通、開場時間は

開演時間の30分前なのに

Shedule_left_3_1 1時間前から開場とのこと。

入ってみて

理由がわかった!

ロビーには

アルコール、ノンアルコール

軽食

ずらっと並ぶ。

そして

ちゃぶ台に

座布団。

慣れたお客さんは

そこに座って

それぞれに開演前をくつろいでいた。

ボクも

お相伴にあずかる。

メンチカツサンドが

なんとも美味。

ふと見回すと

舞台衣装が並ぶ。

オークションをするとのこと。

ただし、

値段ではなく

アンケートの内容で決めるというのがなんとも面白い。

物販コーナーを見る。

一生懸命、丁寧に商品の良さを説明する

オバチャンにひたすら感動する。

会場内に入る。

入り口に

ひざ掛けと

座布団があり、

さりげない気配りを感じる。

すばらしい舞台は

やはり、こういうところから違うんだよなあ・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

「イッセー尾形のとまらない生活2006」

公演後に

ロビーに現れた彼は

小柄で

物静かで

そして

知的だった。

「イッセー尾形のとまらない生活2006」

(原宿クエストホール)

Shedule_left_3 確か、高田文夫氏との対談の中で

日頃は、

ほとんど外に出歩かず

人間観察もしないということ。

舞台で

演じる

キャラクターの

いそうで、いない

すれすれのリアリティーさは、

きっと

彼の中の

凄まじいイマジネーションの賜物と思う。

そして

ネタが終わった後の

舞台の脇での着替え。

ぶっ飛んだ女子高生から

素の

哲学者の顔にすっと変わる。

そして

哲学者から

暗転し

巷にいるよれよれサラリーマンへ。

この切り替え

彼の頭の中はどうなっているのだろう・・

常人ではない凄さである。

昔、

イッセー尾形の芝居を観た

片岡鶴太郎氏が

愕然としたという話を思い出し

ズブの素人の

ボクも

その気持ちがわかったような気がした。

2月に

小松政夫との2人芝居があるという。

今回は

たまたま運よくチケットをゲットできたが、

次回も

是非観に行きたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「最高の週末」・・・

金曜から

土曜にかけての

この時間が

たまらなく好きだ

1週間、

Images_203 凝り固まった

ココロを解して

さあ、

週末である。

最高の週末を過ごそうではありませんか!

明日は

イッセー尾形を観に行きます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

中島みゆき「ララバイSINGER」

そうだ、

今週、

中島みゆきのCDを買ったんだっけ。

Yccw10030_2 「ララバイSINGER」である。

思い返してみれば、

高校生のときからだから

中島みゆきを

追いかけて17年。

毎年CDを買ってきた。

古いけど

「歌でしかいえない」は一番好きである。

実は

ここ数年、

惰性で購入していたような気がする。

曲を聴いて

ちょっと「?」ってところがあったから。

この「?」が自分でもよく説明できないけど

とにかく「?」だった。

でも、

今回のアルバムは

「!」である。

いや

「!!!!!!!!」だ!!

特に

TOKIOに提供した

「宙船」

「とろ」

イイ!

毎日のようにリフレインして聴いている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 7日 (木)

回転寿司築地本店

で、

久しぶりの

渋谷である。

LOFTのちょいと手前に

Images_202 「回転寿司築地本店」がある。

いつもは行列なのだが

たまたま空いていたので入ってみた。

どうせ、ガキんちょをダマす程度かなあと思っていたが

大間違い

ナカナカやるではないか!!

そんで

安い!

1皿105円。

満足の昨日の夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大文字「ほぼ日刊イトイ新聞」に登場す!!!

久しぶりの登場です。

さて、

いつものように

「ほぼ日刊イトイ新聞」のサイトをチェックする。

「ほぼ日手帳のコーナー」を見る。

ああ、

昨日、ちょっと覗いた

渋谷ロフトでのイベントが載っている。

画面をスクロールする。

このコート

そして

この愛想笑い

あら、ボクじゃないですか!!

(ほぼ日サイトからちょっと写真を拝借します。OUTならご連絡ください。すぐに消します。ハイ小心者ですから・・)

061207_06img_3731 ←イトイ氏にひたすら恐縮する

大文字の図。

な~んだ、言ってくれるのなら

シルクハットと

黒いマントという正装(!?)で来たのに・・

である。

ほぼ日サイトは、1日140万アクセスがあるとのこと

しばらくは

万引きを慎みます(していないって!!)

でも、

今のところ、

主だった反響がないので、

ここで

ボクのココロの叫びを・・

イヨッ!この色男!!

スイマセン・・

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年12月 4日 (月)

たいのおすそわけ

そんな

「オレオレ詐欺」が

起こっていることも知らずに

ボクこと

大文字彦左衛門は

今日も相変わらずの一日。

会社帰りに

本屋によって

ちょいと良い本を見つけた!

Images_201 林家たい平「たいのおすそわけ」

たい平師の性格、

厳しいながらも

暖かい

林家一門の日常が描かれていて

帰りの電車の中、

すっごく暖かい気分になれた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】大文字逮捕

このブログの作者

大文字彦左衛門(32)が

Images_200 本日、埼京線内で23歳の女性のお尻を触ったとのことで逮捕された・・

そんな電話が家にかかってきたとのこと

あのー

ボクは

埼京線で通勤してないんですけど・・

ってゆうか、

ボクは

無駄に早く会社に行っていいるので、

通勤時間は

電車がガラガラなんすけど・・

オレオレ詐欺君よ

甘いな・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

(財)日本サッカー協会公認「勝守」

ボクの地元

カワゴエの

熊野神社

P80902611 (財)日本サッカー協会公認「勝守」

なるものを扱っていることを知る。

ビックリである!!

たまたま

陽気が良かったので

散歩がてら

熊野神社の「酉の市」に行ったときに発見!

JFAも細かくライセンスをしているものだと

妙な感心をする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

落語『通』検定

会社帰りや

休みの日に

本屋さんを

目的もなくブラブラするのが

たまらなく贅沢な時間と思う。

昨日、

Kikuzo292_3 たまたま立ち寄った書店で

「落語『通』検定テキスト」なる本を発見!

速攻、購入!!

巷では

ボクの大嫌いな(と言っては、問題なのだが・・)

「とーいっく」や

「えーけん」の本が蔓延しているが、

バテレンの言葉を勉強すより

江戸を勉強した方がよっぽど、イイゾと勝手に思う。

さ、今日は、勉強、勉強である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

「BOSE Wave Music System」

雑誌「通販生活」を読んで

いつも、いつも

「あ~~~欲しいなあ・・・」

恋焦がれて、

はや、2年。

やっと念願成就!

Main_pht_k 「BOSE Wave Music System」

を購入!

で、

早速、

ボクの好きな

柳家喬太郎「東京ホテトル音頭」

Yccw10030_1 中島みゆき のアルバムを聴く。

「With」

「あした」

「May be」

「糸」・・・・

すごい・・・

目の前で

中島みゆきが歌っている・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ちょっと

今年の

流行語大賞

発表されたとのこと

Images_199 ザ・タッチ

「ちょっと、ちょっと、ちょっと!」

が受賞しなかったなんて

「シンジラレナ~イ!!」

である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「あの」高田文夫センセーとの遭遇!!

で、

春風亭昇太師匠の独演会

「オレスタイル」

Images_198 高田文夫センセーに遭遇!!

演芸ファンにとっては神のような存在は

言い過ぎか・・

無粋なのは承知の上、

サインなんぞを頼んでみると

快く応じてくださった。

サインは、

「あの高田文夫」!!

「あの」ですよ、「あの」

なかなか書けたものではない!!

そうそう、

ボクの

「ほぼ日手帳」の後ろのメモ帳は

色々な師匠のサインで埋められている。

高田センセー

目ざとく

古今亭志ん五師のサインを見つけ

「志ん五ちゃんはいいよ~、良い!!」

と大きな目玉で神の予言!

古今亭志ん五師、要チェックである!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

春風亭昇太独演会「オレスタイル」

ちょっと

ボーナスなるものが出たので

パーっと

ぱ~~~と

落語である・・

(まあ、いつものことですが・・)

Shouta 春風亭昇太独演会 オレスタイル」

(紀伊国屋サザンシアター)

発売即完売のチケットなのだが、

たまたま当日券をゲットしてしまった

ちょっとラッキーである。

VTR 「携帯電話撲滅キャンペーン」

ゲスト:春風亭柳好

相変わらずの、与太郎ぶりに爆笑!

立川笑志 「元犬」

初、笑志さんである。

うーん、上手い!!

所々のクスグリが良い!

どうして、今までこの方を観なかったのだろうと本当に後悔!

また、すばらしい落語家さんを見つけたゾ!

今回は、実は、昇太師のスタンダード噺を実は観客が聴いていないというアンケートを元にメジャーな噺を4席

「ストレスの海」

地方公演で、バカウケのネタとのこと。

ボクも何度も聴いたことがあり、

展開がわかるのだが、

でも爆笑してしまう!

「愛犬チャッピー」

幻の名作である。

年に1度かけるか、否かという噺。

ボクも

CD「初めての落語」で聴いたことがあったケド

生は、初めて!

これぞ、昇太ワールドである。

「伊予吉幽霊」

確か、昨年の「6人の会」落語台本コンクール受賞作である。

うまく、昇太風にアレンジしていた。

<仲入り>

「明烏」

趣味が「浮世絵鑑賞」とのことで

吉原に行く絵を

スライドで解説してから

すっと噺に入る。

昇太の古典も

トンデモなく面白いことを再認識!

これだけ、噺をしても

たった、2時間10分。

疲れた金曜日には丁度良い塩梅の会だった。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »