« 「最高の週末」・・・ | トップページ | 良い舞台の条件って・・ »

2006年12月 9日 (土)

「イッセー尾形のとまらない生活2006」

公演後に

ロビーに現れた彼は

小柄で

物静かで

そして

知的だった。

「イッセー尾形のとまらない生活2006」

(原宿クエストホール)

Shedule_left_3 確か、高田文夫氏との対談の中で

日頃は、

ほとんど外に出歩かず

人間観察もしないということ。

舞台で

演じる

キャラクターの

いそうで、いない

すれすれのリアリティーさは、

きっと

彼の中の

凄まじいイマジネーションの賜物と思う。

そして

ネタが終わった後の

舞台の脇での着替え。

ぶっ飛んだ女子高生から

素の

哲学者の顔にすっと変わる。

そして

哲学者から

暗転し

巷にいるよれよれサラリーマンへ。

この切り替え

彼の頭の中はどうなっているのだろう・・

常人ではない凄さである。

昔、

イッセー尾形の芝居を観た

片岡鶴太郎氏が

愕然としたという話を思い出し

ズブの素人の

ボクも

その気持ちがわかったような気がした。

2月に

小松政夫との2人芝居があるという。

今回は

たまたま運よくチケットをゲットできたが、

次回も

是非観に行きたい!!

|

« 「最高の週末」・・・ | トップページ | 良い舞台の条件って・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/13002532

この記事へのトラックバック一覧です: 「イッセー尾形のとまらない生活2006」:

« 「最高の週末」・・・ | トップページ | 良い舞台の条件って・・ »