« もうひとつある「煉瓦亭」訪問記録 | トップページ | 「祭り」の「前」 »

2006年10月14日 (土)

本屋のあ~!!問題

今日もそうだった。

まったくもって

あ~~~~~~~である。

ナニがって!?

ブックカバーである。

書店で

本を購入すると、

ほぼ100%

「カバーつけますか?」と言われる。

で、「はい」と言うと、

もちろんカバーを付けてくれるのだが・・

そのカバーが、

カバーが

本に上手く入らないのですよ!!

も~イライラするなあ!!

無理やりこじ入れると

角が三角になってしまって

気分が悪い!

かといって、

そのままにすると

カバーがペロッと取れてしまって

読書に集中できない。

思うに

カバーイライラ問題は

店員さんの経験・性格によるものが多いと思う。

ボクが感動した書店の店員さんは

国分寺の駅前の書店のオッサンである。

このオッサンは、スゴイ!!

まず、

ハサミを取り出し、

チョキチョキとカバーを切って

上手い具合に折り曲げて

本にはめる。

これは芸術品!

椎名誠氏の処女作

「さらば国分寺書店のオババ」があり、

国分寺の伝説的な本屋が紹介されていたが、

この本屋もナカナカのものである。

|

« もうひとつある「煉瓦亭」訪問記録 | トップページ | 「祭り」の「前」 »

コメント

本日、大文字氏と特急にて地元まで帰ってきた。
電車待ちの駅で私がトイレに行って出てくると、
そこにはジューススタンドのジュースを持った大文字氏が。
ジュースを貰い私が飲んでいる最中に、
気がつくと大文字氏により乗車券の手配が完了していて、
同時におやつのシュークリームまで用意されていた。
一連の流れの手際の良さに感服。
まるで手際の良い料理番組の用だった。
そのとき私は大文字氏を○○マイスターと心の中で認定した。
(注:○○は駅名)

投稿: 小文字 | 2006年10月14日 (土) 23時39分

スポーツ新聞などで話題となっているが、
芸能人が留学する。
ファンの1人として温かく送り出したいと思う。
体育の日に出発したなかやまきんに君に。

投稿: 小文字 | 2006年10月14日 (土) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/12285014

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋のあ~!!問題:

« もうひとつある「煉瓦亭」訪問記録 | トップページ | 「祭り」の「前」 »