« ソニータイマー?? | トップページ | ペッパーランチ »

2006年10月 8日 (日)

「浦和市民寄席」はあなどれないゾ!!

これは衝撃!

「第369回浦和市民寄席」

Images_126 柳家さん作 「出来心」

入船亭扇辰 「甲府い」

<仲入り>

柳家喬太郎 「小言幸兵衛」

Kyoutarou_5 色々なことがあり過ぎ!まとまらないので箇条書きに・・

・前日の国立演芸場を即完売にしたメンバーにしては非常に小さな会場。用意されたパイプ椅子が間に合わず。椅子を前に詰めるようにとの会場係の指示。最前列に座っていたワタクシは、高座に肘を付けるまさに「カブリツキ」状態の位置に!

・そんでも入りきれず、会場外の廊下で聴く人多数(そのため扇辰師の高座中に「きこえないよー」の声にマイクを手に持ち演じる扇辰師。ぼぞっと「俺は歌手か・・」)

・仲入り。福引大会。司会は、前座のさん作くん。司会に慣れていない前座君に業を煮やした扇辰師が突如乱入!「甲府い」をしっとりと演じた人とは思えないハジケた司会ぶりに場内爆笑!

・同じく、仲入り。お煎餅とお茶の配給あり。ちょっとびっくり!

・喬太郎師、京浜東北線「南浦和」止まり問題を大いに語る。

他にも、いろいろ・・

今まで、色々な落語会を観て来たケド、

小さい会場ならではの演者と客席と主催者の一体感というか、

手作り感というか、

いい意味の素人っぽさというか、

あたたかさというか、

なんとも表現できないけど、

後味の良い、居心地の良い会だった!

この会に強制連行された

落語初体験の

友人カンサイ氏は、相当のカルチャーショックを受けた模様。

 

|

« ソニータイマー?? | トップページ | ペッパーランチ »

コメント

浦和市民寄席、NHKラジオでいうなら基礎英語をすっとばしビジネス英会話から受講したとでもいうのか。
マイクセッテイングを客が行うところから何かが違った、落語の内容はもちろんのこと、進行までが楽しめるすばらしい会だった!
ナイスチョイスをしてくれた大文字氏に感謝する。

投稿: | 2006年10月 9日 (月) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/12202409

この記事へのトラックバック一覧です: 「浦和市民寄席」はあなどれないゾ!!:

« ソニータイマー?? | トップページ | ペッパーランチ »