« 中秋の「萩の月」 | トップページ | ソニータイマー?? »

2006年10月 7日 (土)

風俗資料館が存在するのだ

上野に

風俗資料館があることをご存知だろうか?

お代は300円ポッキリ!

林家たい平師匠的に言えば

「コノ~バカタレ、スケベ社長!!」である。

あ!

枕言葉が抜けていました!

「下町風俗資料館」である。

バカタレ スケベ 社長の皆様大変失礼いたしました。

もちろん確信犯です。ハイ。

下町風俗資料館、

今、特別展として

「下町の寄席」が行われている。

これが、ナカナカすばらしい内容!

まず、

落語に登場する小道具がズラリ!

花魁の煙管やら、

釣竿やら、

雛人形やら・・

これから落語を聴く上でイメージが沸く。

それから、

上野周辺の師匠方のお宝グッズ!

昔の寄席の演目

志ん朝、小さん、志ん生といった大名人がズラッと並んだパンフレットに大感動する。

また

先日、お亡くなりになった

桂文治師匠の帽子・鞄といったマニアウケする逸品もあり、ニクイ!!

そんでもって、最大の目玉は

芸人さんの生の芸が見られるということ。

それも300円ポッキリ!

まさに

コノ バカタレ スケベ 社長状態である

そんで今日は

Images_125 なんと内海桂子師匠!

スゲー!!

しかし、

残念ながら、時間の関係で見られなかった・・

これは痛恨の極み。

ただ、

今後も、木久蔵師などが登場するとのことで

ちょっと、通いつめることになると思う。

|

« 中秋の「萩の月」 | トップページ | ソニータイマー?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/12190038

この記事へのトラックバック一覧です: 風俗資料館が存在するのだ:

« 中秋の「萩の月」 | トップページ | ソニータイマー?? »