« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

お味噌汁なら・・小さんを思い出す

6代目

Et0608313ns 柳家小さんの

襲名披露が行われたという。

マスコミでの扱いも小さくて残念な限り。

小生も

6代目の落語って聴いたことないな・・・

でも、

どこかで聞いたことあるけど

人間国宝の

5代目小さんも

襲名当時は、

やはり、大名跡とのことで

ご苦労されたとのこと

6代目の更なる精進を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪そ~んな居酒屋で~~!(その2)

またまた、とある居酒屋にて

大文字子「ねえ、マスターもう一杯ちょうだい!!」

マスター「もう、いい加減にしなよ」

大文字子「いいの!ちょうだい、お酒!!」

マスター:無言で酒を注ぐ

(大文字子、一気に飲み干す)

大文字子「私って・・」

マスター「・・・・・・・・」

大文字子「私って、いつも一番には逃げられるの・・」

(マスター、無言で、酒を注ぐ。)

大文字子「いつも、いつも・・ククッ(涙)」

マスター「・・・・・・」

小生、こんな感じの夜を過ごしています。

「マスターお酒!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

♪そ~んな居酒屋で~~!

とある、居酒屋での風景

大文字「女将、もう一杯!」

女将「あらあら、大さん、もう、今日は、その辺にしたら」

大文字「うるへー、女将、いいからもう一杯!!」

女将「大さん、今日は珍しく、荒れているわねえ。なんかあったの?」

大文字「男には、、、」

女将「男には?」

大文字「そう、男には、、、」

女将「男には、なに?」

大文字「zzzzzz・・」

女将「あらあら、大さんったら」

男にも、もちろん女性にも、そんな荒れたい夜もあるわけで

今日の小生は、まさにそんな夜なのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

松屋の作法

夕飯を

Images_96 松屋で食べたのさ。

そんでね。

隣のおっちゃんの

食べ方が凄かった!!

サラダ出てくるでしょ。

そのサラダに

唐辛子をドサッ!!

「!!!!!!!!!」

そんで

フレンチドレッシングを

グルグル

「!!!!!!!!」

小生

松屋歴16年

牛丼関係では

いろいろ

一家言ある方が多いけど

こんな食べ方をした方は初めて見た

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

ワンセグに関する一考察

あ、そうそう

そーですよ!

この前、ケータイが

壊れたって言ったじゃないですか。

購入したのです

ケータイ。

auの

W33SAⅡ

ワンゼグ携帯である。

なんかすごそうなので

購入した

でも、

ワンセグって何??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月27日 (日)

「おいちゃん、それを言っちゃおしまいよ!」

今、

24時間TVをやっているけど

全国民は

今すぐ

「男はつらいよ」を

観るべきである。

というのは

8月27日は

「男はつらいよ」の日。

第1作が上映されたのが8月27日とのこと。

寅さんのような人生っていいなあ

と思う、日曜の夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姉様キングス

今日は

一日

自宅にて

由なし事をする

その合間に

NHKの「笑いが一番」を視聴

桂吉弥が相変わらず良いな~

と感心していたら

あ、

Image 姉様キングスだ~~!

初めて観た!!

さすが、落語家ユニット(桂あやめ・林家染雀)

だけあって、

きちんとツボを押さえた笑い

もしかしたらブレークするかも・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい朝が来た~~

おはようございます!!

今、日曜日の7時前です!

小生、昔から

休みの日に早起きしてしまう

今朝も6時前に起床。

さて、今日は何をするか・・

ぼーとしながら

ラジオをつけていたら

6:30になり

Images_95 「ラジオ体操」が始まった

今は夏休みなので

「巡回ラジオ体操」と銘打って

全国を巡回しているとのこと

小生、

折角なので

ラジオ体操を行う。

久しぶりだなー

ラジオ体操・・・

でも、

体ってのは不思議なもので

自然と身に染み付いていることにびっくり

で、

ナカナカ

良いのですよ

このラジオ体操!

気分が良い!

どっかで聞いたことがあるけど、

ラジオ体操って、非常に理にかなった体操とのこと

じゃあ、明日も・・

と思うも、

平日の朝がチョー嫌いな小生に果たして出来るか・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

「白鳥」を捕獲す

先日、

ご報告したとおり

高田馬場にて

白鳥を購入した

末端価格2000円である。

安いな~

「ワザオギ」レーベル!

Images_94 三遊亭白鳥師匠の1stCD

金2000円也である。

で、

それに

直筆のサインがついていたので

こいつは、何かしなければ

額縁購入を決意

ボクの地元の川越には

01 老舗の

「フカゼン」なる店があり

そこに行くことにした

「あの~、小さい色紙を入れる額縁くださいな」

「これっすよ」

と指差す先には

ナカナカ良いデザインの額縁

ヨシ、これにしよう!

「2500円です」

「ん!?」

CDより高い・・

えーい、ままよ

と購入!!

これを、高い買い物とみるか、

安いとみるか・・

追伸

本当は、今日、浅草へ行き

「円丈・白鳥親子会」を観に行く予定だったが

ちょっとお疲れ気味なのでパスしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

絶品!ユンソナの特製納豆!!

久々の納豆ネタです。

今、日テレの

Images_93 「未来創造堂」

ユンソナがゲストに出ていて

韓国風の納豆の食べ方を紹介していました。

レシピをいうと

納豆(ユンソナ的には「おかめ」など一般的なもの)に

1.コチュジャン

2.唐辛子

3.豆腐

4.白ゴマ

5.万能ねぎ

をいれ、

ゆずポン酢を投入し

20回ほどかき回す。

で、

そいつを

サンチュで巻いて食べる。

ノリさんが

メシも入れたいとのことで

メシを投入をパクリ

美味そう・・・

夜中にやらないで欲しい・・

明日の飯は決まりである。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田宮二郎

今日は

Images_92 故 田宮二郎氏の

生誕日である。

田宮氏といえば

「白い巨塔」が思い浮かぶが

調べてみたら

「クイズ タイムショック」の

初代司会者でもあったとのこと

知らなかった・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君はキミを潰すか・・

昭和33年の

今日、

世界初のインスタントラーメン

Images_91 「チキンラーメン」

発売された。

ボクが

チキンラーメンと出会ったのは

そう、

第2次チキンラーメンブームというべきか

下火だった

チキンラーメンを復興すべく

日清食品がCMを再度打ち出したころ、

おそらく

90年代後半と思う。

素朴な味に

かえって新鮮さを感じたものだった。

ところで、

皆さんは

チキンラーメンの卵

これをどう扱うだろうか?

つまり、

最初に潰すか・・

最後まで残すか・・

ボクは断然前者である。

卵を麺に絡めて食すのが

一番と思うがいかがだろうか・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

萌えの山手線

やっとこさ

仕事が終わり

山手線に乗る

「新宿~しんじゅく~」

ここで、ちょいと人も空くだろう。

なんとなく、乗降客を見る。

目の前に

メイドファッションの婦女子2名

まあ、

近頃、よくある風景といえば、良くある風景ではある。

が、

が、である。

2人と思った

メイドの婦女子が

3人、4人、5人・・・・

何人乗ってくるんだ~!!

山手線に乗り込むこと、乗り込むこと

総勢、30名はいただろうか・・

まさに阿鼻叫喚、七転八倒!

赤ん坊は泣き叫ぶわ、

バア様はビックリして入れ歯を外すわ

犬は喜び庭駆け回り

猫はコタツで丸くなる状態である

(なんだこりゃ)

小生、

そちら方面は苦手で

どうしたらよいものかと

あたふた、あたふた・・

ただ、

その婦女子たちが

「ご主人様!」なる言葉ではなく

フツーの会話をしていたところに

少し、ほっとしたオジサンであった・・

この婦女子たちはいったいどこへ行ったのか・・

謎である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鳥って買えるんだな・・

2000円で

白鳥を買った!

ウソじゃねえよ~~

ホントホント

でも

こんなのである

Hakuchou1 小さいお子さんは

ひきつけを起こさないよーに!

白鳥は白鳥でも

三遊亭白鳥師匠の1stCDである。

高田馬場のレコード屋で発見!

でも、

このジャケ写に正直引く

隣で

志ん朝師匠のCDを見ていた

おっちゃんに

邪道者という目で見られる。

うるへー、うるへー

と勢いで購入

「マキシム・ド・のん兵衛」

「青春残酷物語」の

2本

今週末は、これを聴いてウニになる予定

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

幸せと座布団

本日は

笑点

影の実力者

Images_90 山田隆夫くんの誕生日である。

「くん」付けしてしまったが

御歳50歳とのこと

たい平

楽太郎に

負けず、

幸せと座布団を配り続けてくれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冥王星でど~もスイマセン

どうも

冥王星

太陽系の惑星ではなくなってしまうとのこと。

悲しいじゃありませんか!

(別に・・)

で、

その冥王星氏は

「矮(わい)惑星」と位置づけられるとのこと

「ワイの惑星だ!」と主張しているように聞こえる。

なんか、林家みたいなネタだった・・

ど~もスイマセン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【追悼】関敬六死去

浅草の

コメディアン

Kfullflash20060823019_m 関敬六師匠が死去した。

渥美清とともに

浅草全盛期を築き、

ビートたけしを育てた師匠として有名である。

高田文夫センセーがエッセーで言っていたが

コメディアンの死は

人を笑わせた分だけ

悲しみが大きいものだと・・

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

昼番組の因縁

以前、

三谷幸喜氏

エッセーに書かれていましたが

本日、

8月22日は

Images_89 「いいとも」

タモリ氏

「おもいっきり」

Mino みのもんた氏

誕生日である。

昼の2大看板が同じ日に誕生日というのは因果であろうか・・

他にも

土居まさる氏の誕生日でもある。

視聴率に悩む他局は、

同じ誕生日の

足利義満を起用すべきかと・・

(もう、イネーヨ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐怖のカマキリ男

注:心臓の弱い方、妊婦の方でも大丈夫です。

今日、

仕事終わり

友人Kと夕食をとり

地元の駅に着いた。

まだ、辺りは

人通りもあり、

また、自宅までもう少しということで

小生も安心しきっていたのが

そもそもの間違いの元であった。

目の前に

さっと

緑の影が・・

あっ、

その瞬間

小生のワイシャツに

ピタッ!

Images_88 でっかい、カマキリである。

おそらくメスであろう。

そのカマキリ

何を思ったか

小生の体を這う這う

ギョエ~~!!

ヤメロ~~!!

メスのカマキリって

オスと交尾した後

そのオスを食べてしまうという

ミニ情報がアタマをよぎる。

ヤメロ~~

食うな俺を!!

第一

まだ交尾してね~ぞ!!

まあ、カマキリとはしたくはないが・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

【大文字の夏休み】土方と納豆のお話

本日は

小生の夏休みの最終日である。

月曜日まで休みなんて

きりが悪いとお思いかもしれないが

結構、イイですよ!!

なんたって、月曜日の憂鬱がないのですから。

本日は

「よしなし事」があり、

多摩都市モノレールで

多摩方面へ。

途中、

万願寺を通り過ぎる。

ここは、新選組のゆかりの寺である。

そういえば

今日、

高田文夫センセー

ラジオに

土方役の

Images_87 山本耕史氏が登場を思い出す。

彼の大好物は

「サラダに納豆をかけて食べる」こととのこと

そうすると、

ドレッシングなどかけずに

おいしくサラダが食べられるとのこと

へ~

そんな食べ方は知らなかったなあ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大文字の夏休み】日の丸ステッカー届くの巻

先日

このブログでも言いましたが

先週の金曜日

NACK5の

小林克也氏の番組で

小生のメールが紹介され、

このたび

ノベルティーの

Images_86 日の丸ステッカーが到着しました!

関東近辺にお住まいの方は

ご存知かと思いますが

このステッカーは

いまや

トラックの運ちゃんにとって

憧れの的である。

早速、我が車につけてみるとする。

我が車の色は黒なので

間が向けた街宣車っぽくなってしまった・・

追伸

小林氏、

小生の名前を

「オオモジ彦左衛門」と紹介した。

おいらの名前は、英語の先頭かってんだ!

と思うも

さすが、

小林克也のアメリ缶だけあると実感・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

林家三平物語

いや~

芸人林家三平の壮絶な人生が描かれて

お見事!!

すばらしい

高座でした。

今回の

山口くんといい、

タイガー&ドラゴンの

長瀬くんといい

TOKIOは、落語のセンスがあるなあ・・

と思う。

ボクは

三平落語は

ナマで観たことは無いけど

きっと

こんな感じだったのでしょう。

あとは、

三平師亡き後

林家一門を

守り続けた

こん平師の

早期復帰を望むだけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カカカカ

関係各位

先ほど、

小生の携帯電話の機種変更作業が終了いたしました。

午前のブログで

携帯電話不通の間は、

Images_85 風車の弥七の

矢文により対応します

と書かせていただきましたが、

一部の方から

風車の弥七が見つからない旨の

お問い合わせがございました。

(本当にありました!)

風車の弥七も

何分、不慣れなものでございますので

皆様に大変ご迷惑をおかけいたしましたことを

ここにお詫び申し上げます。

まあ、

何はともかく

一件落着ということで。

ちなみに

タイトルの「カカカカ」

とは、

エンディングの黄門様の笑い声ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大文字の夏休み】SWAクリエイティブツアー

本日は

安田生命ホールに行き

Images_84 SWAクリエーティブツアーを観る。

もう、夜の部が始まっているので

出演者と演目を・・

テーマ:夏休み

春風亭昇太(4号) 「罪な夏」

三遊亭白鳥(2号) 「明日に向かって開け」

林家彦いち (1号) 「応援指南」

柳家喬太郎(6号) 「八月下旬」

4号師、やはり安定感があり、安心して笑える。

2号師、テーマ無視し、他の師匠から突っ込まれるも、一番の爆笑だった。

構成としては、1号師の噺は一番、オ~~だったな。

6号師、三太楼師の近況を報告。お元気なことにほっとする。どなたか間に立って、是非破門を解いていただきたい。

小生の夏休みも明日の月曜日を残すのみ。

結局、舞台、演芸、映画と

インドア的アウトドア生活を送る。

さて、残った宿題をどうこなすか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ご隠居、弥七からです。」「助さん、格さん参りますぞ!」

関係各位

本日、

携帯電話故障のため

緊急、機種変更を行っております。

お急ぎのご用事のある方は

Images_83 風車の弥七にご命令の上、

矢文にてご連絡いただきますよう

お願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

ウニの頭で考えた

都会の片隅で

携帯電話が

壊れた・・

動かないったら動かない・・

夏休み中だから良かったものの

焦る

あせる

アセル

メール機能停止

電話帳機能停止

万事休すである。

携帯が普及していなかった

ちょっと昔

ボクごときでも

結構、色々な

電話番号を覚えていたが、

今は

自宅の電話番号がせいぜい

と気づき

愕然とする。

今、

PSPやらDSで

脳トレが流行っているけど

もしかしたら

この世界から

携帯をなくせば

脳がずいぶん発達するのではないか

そんなことを

ウニのような頭で考えてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大文字の夏休み】明石家さんま主演「小鹿物語」

今日は

渋谷のbunkamuraシアターコクーンにて

明石家さんま主演

「小鹿物語」を観に行った。

Kojica_060804 さんま師の他に

生瀬勝久

真矢みき

温水洋一

等、豪華出演人

内容は、

まだ公演中のため

詳しくは書かないのがお約束

でも

一言でいうと

「さとうきび畑」の芸人版

といえば、ニュアンスが分かっていただけるかもしれない。

さんま・生瀬のカラミ

温水の「髪の毛」ネタ等

笑いの渦の中に

グッとくるところもあり

結構なお手前。

毎年やって欲しいなあ・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月18日 (金)

午後10時の黒豆納豆

夏休みなのだが

今日は

ちょいと「由なし事」をしていた

あ、

どうでもいいのですが、

「由なし事」と打ったら

よしな仕事」と出た

ナカナカ知恵がついてきやがったな、オイラのPC・・

でも、そーだよな~

休みなんだしアタマを使ってはいけないな・・

そんな「よしな仕事」を終えて

ふ~~と

ビールの蓋をパチンと開ける。

ゴクゴクと

飲み干す

あ~~

ウメ~~

そうそう、

取って置きの肴があった

と冷蔵庫を開ける

先日、購入した

鎌倉山納豆

黒豆納豆である。

そいつを

山葵醤油につけて

チビチビと食うと

イケル

気がつけば

10:00pm

TVでは

06081103matsu_mtg00128g060810t 松たか子が

「お疲れッス」

と言っている

サントリーのCMが流れていた。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

【大文字の夏休み】ラジオの底力

夏休み2日目。

今日は家にいて、

ちょいと、よしなし事を・・

で、

そんな時のお伴は

僕の場合

ラジオである。

朝9時から

「大沢悠里のゆうゆうワイド」

「お色気大賞」に馬鹿笑いし

10:30の

毒蝮三太夫ババアいじりトークを聴き

11:30からの

高田センセーを聴き

12:20から

Images_82 小沢昭一的こころ

の名人芸に唸る。

その間をぬって

NACK5の小林克也を聴く

ラジオ世代というのは

僕らまでだろうか

追伸

ちょいとやらねばならないことがあったが

NACK5にメールを送ったら

小林克也氏に採用される。

トラック野郎の憧れ(!?)

日の丸ステッカー

が待ち遠しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

にっぽり~~にっぽり~~

今日は、書くよ~~

夏休みなのでまだまだ元気である。

そうだ

そうだ

今日は日暮里に行ったんだ

目的は

Ima_1 「羽二重団子」の購入である。

本店は

日暮里駅から

鶯谷方面へ二丁(パンフレットの文章より)と遠いが

駅前に

アンテナショップがあり便利。

あんこ3本

焼き2本の

5本入り1200円也。

団子にしては

決して安くはないが

上品な味で好きだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪銀座でひと~つ~

そう、

ここは銀座であった。

ボクにとって

銀座とは

クラブでも、

グッチでも、シャネルでもない

「カライライス」である。

カレー好きの皆様には

説明不要と思いますが

銀座2丁目の

Images_81 「ニューキャッスル」

カレーのことを

「カライライス」と称し、

ご飯の量にあわせて

品川(少なめ)

大森(大盛り)

蒲田(それより大盛り)

京浜東北線の駅名となっているところが

なんとなく楽しい。

昔、銀座付近の会社にいた頃

夕飯によく行ったものだった。

辛い「カライライス」に

目玉焼きをつぶして食べる。

そんでもって

あま~い

ミルクコーヒーを飲むと

頭がクールダウンする。

店の中も

非常にアットホームで

ほっとする

幸せなひとときだった。

が、

今日までお盆休みとのこと

ゲッ!

立ちすくむこと暫し

肩を落とし

隣のウェンディーズに入った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大文字の夏休み】映画「太陽」は傑作だ!

さて、

夏休み初日である。

まずは、巷で大変な話題となっている

Images_80 映画「太陽」を観に

銀座シネパトスへ。

これまでタブー視して誰も演じてこなかった

終戦前後の昭和天皇の

「人間」の姿を

イッセー尾形が好演している。

参った!というくらいの演技である。

また

佐野四郎

桃井かおり

等の演技派も多数出演。

この映画には

賛否両論あるが、

ボクは

迷わず

「賛」をつけたい!

ボクは

特に右でも左でもないけど

この映画を観て

昭和天皇の純粋さ、

平和を望んでいる心

そして

決して他人に分からないであろうご苦労を感じて

純粋に「人間」昭和天皇が好きになった。

そんでもって

思いっきりハマッてしまい

恥ずかしながら

泣いてしまい

誰にも分からないよう

エンドロールが始まるや否や

足早に劇場を出た。

今、上映している映画館は

関東では

ボクが行った「シネパトス」のみだけだが

今後拡大上映されるとのこと

この夏イチオシの映画である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

納豆ユッケと白飯!!

いよいよ

明日から夏休みである。

うれしいなったら、うれしいな!!

友人を誘って高田馬場の「焼肉屋」へ。

三十路を超えた2人、

メタボリックシンドロームが怖くて肉が食えるか!

と食べる食べる。

Images_79 そんでシメは例の物である。

「納豆ユッケと白飯!」

「あ、俺も!」

談笑しながら

納豆ユッケを

グルグルグルグルグル・・・

そんでもって

ほっかほっかの白飯にぶっ掛けて

食う、食う

ウメ~~!!

これだけはやめられない!!

あ、ユッケを網に落としてしまった・・

ノーベル賞の田中氏を出すまでもなく、世紀の大発見とは、偶然に起きるものである。

これが、香ばしくてなかなかイケルのである。

さて、充電満タン

待ってたぞ!夏休みである。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

読書感想文はこれをパクれ!

学生諸君、そろそろ、夏休みも後半ですね。宿題が気になる時期ではないでしょうか。

そこで、大文字のおっちゃんが悩めるみんなに読書感想文をプレゼントします!!

(ただし、本の選択などでセンセーに怒られても、それは自分の責任でね。)

「初めての落語」を読んで

1年1組 大文字彦左衛門

 TVドラマの影響によるか、近年、落語がブームとなっている。

 

 現在、都内の寄席は、4箇所(浅草、上野、新宿、池袋)であり、私と同年輩の人々が笑いを求めて日夜行列をなしている。落語は、もはや年配者のための娯楽ではないようだ。

 テレビをつければお笑い番組が多い中、なぜ、私と同世代の若者がこうも、落語に取り付かれるのであろうか。

 そんな疑問をもった中、1冊の本に出会った。それが春風亭昇太著「はじめての落語」である。

 この本の特徴は、落語の演目について、CDによる音声と、活字および写真によるビジュアル化を図ったことにより家に居ながらにして寄席に誘ってくれるものである。

 私は、この本を片手にCDを聴くうちに、ぐんぐんと噺に引き込まれていった。

 たとえば古典落語の「壷算」。ボーとした道具屋の主人を騙してただで壷をせしめるという単純な噺だが、その中にも緻密な構成が施されており、長年、色々な噺家が手を加え、完成させた名作と思う。

 つまり、落語とは、客を幸せにさせようとその世代の名人が知恵を絞って作り上げた結晶と考える。

 これに対し、昨今の「お笑い」とはいったい何だろうか。昨年、流行った芸人が、もう飽きられ次々と消えてゆく。

 それは、なぜなのだろうか。

思うに、昨今の「お笑い」は、残念ながら完成形ではないということと思う。

 たとえば、昨年、流行った「お笑い」に対し落語の演目は遥かに古く、各所で、色々な噺家に演じられていることから、飽きられる可能性は遥かに高い。しかしながら、その落語に対し、私と同世代の若者が大声を上げて笑っている。これはひとえに、斬新さではなく、演目の完成度の違いではなかろうか。

 この本は、私に「本物」のすばらしさを教えてくれたかけがえのない1冊である。

                        以上

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月14日 (月)

今日の笑点まずは2問目!?

今日は

朝から

都内では大停電で大変でしたね。

かくいう小生の会社もえらい事になってしまいました・・

さて、

本日は

桂歌丸師匠のご生誕祭である。

年、そんなことを聞いてはいけない。

で、

歌丸師匠誕生を祝して、本日は笑点チックに・・

X1pbglkvql4buac7tproqlcfsd3l5ib8ie7ssu52_2 「さて、今日は、ワタクシ歌丸の誕生日です。

そこで、皆さん、

そんなワタクシに一言

お祝いのコメントをしてください」

「ハイ!」

「おー早いね、じゃあ、楽さん」

Rakutarouあれ、祝儀袋と間違って

香典袋持ってきちゃった!!

「山田く~ん!楽さんの全部持ってちゃいな!!」

それはさておき

近頃の笑点は、真に面白い!

あとは、昇太師のキャラが決まったら最強の布陣になると思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

三越探訪・・

そう、

三越である。

昨日も書いたが

Images_78 三越といえば

高島屋と並び

貴婦人の集うデパートである。

昨日、

鎌倉山納豆を購入した後、

あまりの雷雨で

進退窮まったので、

ちょっと

覗いてみようと

あちこちふらふら

で、7Fに大食堂を発見!

デパートの大食堂といえば

ラーメン、そば、定食類と

ごった煮のように

そろっていて

ほんでもって

昔の国鉄の切符を模したような食券を購入する

イメージなのだが

そこは三越である。

まず名前が違う

「特別食堂」ですよ!

「特別食堂」!

まあ奥様!聞いた!状態

である。

ウィンドーのメニューを見る

何!?

なんちゃら御膳なるものが

6500円!!

650円のさば味噌煮定食を食っているオイラの立場はどうなるのか・・

分割払いで注文してみるか・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

バタヤン

まず、冒頭に

昨日のブログに多くのコメントをありがとうございます!

で、

今朝は

バタヤン

を語りたい。

ん!?

だから

バタヤンである。

年配者ならご存知の

Images_77 田端義夫先生である。

昨日、放映の

「なつかしのメロディー」

往年の

「かえり船」を熱唱。

本年の生存を確認す。

あの

独特のギターの持ち方を観ないと

後半の無病息災が図れない

(なんのことだか・・)

PS

ダークダックスが3人になっていたぞ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

「鎌倉山納豆」購入記

昨日の

断食を終え

ほんでもって

都内での用事を終え

ほっと一息。

さて、

どうするか・・

で、

頭に上ったのが

先日来、

皆様からの

コメントにあった

「鎌倉山納豆」であった。

でも、

本店の鎌倉までは遠いので

日本橋三越に向かう。

日本橋三越

貴婦人の集う場所である。

こんなところに

デパートといえば

丸広だろ!丸広!

としか思い浮かばない

サイタマ県人が恐る恐る

進入。

地下の食品売り場に入るなり

ホテルオークラのテナントである。

オークラといえば

ジョニー大倉しか知らない小生

相当たじろぐ

でも、

初志貫徹

見つけましたよ!

「鎌倉山納豆」!

基本の

極小粒3袋

黒豆納豆を購入。

万引犯と間違われないよう

ミッションを完了後

直ちにその場を

撤収!

帰宅後

黒豆納豆で一杯。

ワサビしょう油が合って

美味!

クセになる味である。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

NHK「第38回思い出のメロディー」

今、

NHK

Rogo 「第38回 思い出のメロディー」

を放映している。

これを観ないと

夏って感じがしない

とお思いになる方は多いと思う。

今までのところ

ボクは

すべて歌えた

ん!?

これは

「思い出の」メロディーですよね

するてえと

小生も

「思い出」世代なのだろうか・・

ほんのちょっと

切なくなった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

未来創造堂~カルピス特集

今日は

初恋の味

Images_76 カルピス特集であった。

そういえば、近頃飲んでないな~

と思って観ていたら

いろいろ、カルピスの新発見があった。

まず

カルピスの創始者は

三島海雲という

本願寺派の僧侶であったこと。

カルピスの名付け親が

かの大作曲家

山田耕筰であったこと

そして

カンドーしたのは

関東大震災のときに

無償で

カルピスを罹災者に配布したこと。

カルピスは「人」なり。

いい表現だと思った。

久しぶりに、

カルピスが飲みたくなった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

コウ納豆好

やっとこさ

金曜日!

さて、

一杯やるかと思えど

明日は

エコー検査のため

断食中で悲しい限り。

で、

早々と帰宅し

FMをつけながら

ボーとしていたら

ゲストとして

Images_75 柴崎コウが登場

ご存知のとおり

彼女は

自他共に認める納豆フリーク

FMでも、

3食納豆でも良い!

という力強い(!?)発言に

激しくカンドーす。

で、

そういえば!

サイトを見ていたら

柴崎コウが

「食わず嫌い王」

お土産として

鎌倉山納豆

「納豆セット」を持ってきたとのこと

断食のときに限って

こんなHPを見てしまう・・

明日は、即買い、即食いである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月10日 (木)

かかし

バカボン鬼塚

率いる

Images_74 「かかし」

なんともいえず

よい

馬鹿げているも

どこか

昭和チックで

そんでもって

切なさもある。

ボクは好きだな・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「くまぇり」ではないが・・

「くまぇり」ではないが

近所の

マンションで

火災が発生

火事と喧嘩は江戸の華

というが

それは

嘘である。

火災はすべてを失うとても怖いものであり、

華ではないと思う。

罹災者にお見舞い申し上げる。

追伸

小生は断じて放火してないゾ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「俺の空」

ちょいと

早く帰れる日には

必ずといって良いほど

高田馬場

「俺の空」に行く。

ラーメン好きの方には

もうご存知も、ご存知だろう。

一時期の大行列がない分

入りやすくなっている

夜の部なので

つけ麺をすする。

あ~

し・あ・わ・せ!

横を見ると

隣の少年が

スープ割りを頼んでいるぞ!

甘いなー

ここは

スープ割りNGなはずダゼ、ボーヤ

と思っていたら、

店員氏が「あいよ」

とスープ割りを!

へ!

いつの間に!!

小生、もちろん頼む

う、うまい!うますきる十万石饅頭である。

(サイタマ県人しか分からないネタだな!)

ちょっと

得した気分で

西武線に向かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

さんぺい

といっても

「三瓶でっす!」

でもなければ

新宿界隈の

飲食店でもない

林家三平師匠である。

今日、とっとと帰宅し、

サッカーは観ずに

TBSの三平特集を途中から観た。

笑いって

旬があり、

その中で

数多くの芸人さんが

現れては消え、現れては消えているが

三平落語って、

今聴いても爆笑ですな

これってすごいことだと思う

たとえば

10年後、20年後の若い子が

今の笑いを観て

爆笑を取れる芸人さんて誰だろう・・

そんなことを考えた・・

追伸

桂米朝師が骨折というニュースが・・

せっかく

大阪に寄席が出来るというのに

落語家唯一の人間国宝の

早期復帰を願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

ロケットマン

たまたま

FMをつけていたら

「ロケットマン」なるバンドが出ていた。

よく聞けば

「ロケットマン」とは

Images_73 ふかわりょう

バンドとのこと

バラエティーでは

いじられキャラだけど

音楽は

なかなか

スマートでいいじゃないですか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ほぼ日手帳」をこう使っているのだ

もうすぐ

お盆休みですね。

そこのオトーサン

もう少しの辛抱ですヨ

かくいう

ワタクシも

手帳を見ながらニヤニヤしております。

手帳といえば

以前もこのブログで書きましたが

ワタクシは

「ほぼ日手帳」を愛用しています。

ワタクシが言うまでもなく

実にすばらしい手帳ですね。

で、

「ほぼ日手帳」の後ろの方に

メモ欄があるじゃないですか

あれ、

ワタクシは

サイン帳として使用しています。

たとえばこんなカンジ

060808_210101 ちょっと見づらいのですが

先日の

「円朝まつり」にて

サインを頂戴した師匠たちです。

皆さんはどのような使い方をされているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

バナナ大賞って・・

家に帰って

ネットのニュースを見るのが

日課となっている。

今日

Images_72 「ガッツ石松親子に第1回勝手にバナナ大賞受賞」

という

おめでたいのか

そうでないのか

といった微妙な記事を発見す。

なんだ「バナナ大賞」って・・・

まあ、

受賞のガッツ石松親子には

異論はないが

第2回の受賞者って

いったい誰だろう

っていうか

第2回があるのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の浅草放浪記

月曜日だというのに

会社の

暑気払いとやらで

勤務地の恵比寿から

わざわざ

浅草に繰り出す。

月曜から

飲み会なんて面倒クセ~

思うも

唯一の収穫は

Images_71 浅草寺のライトアップが

とっても幽玄であったこと

さて、この後は・・

まだ時間的には

吉原の大門が開いているも

今日は

素直に駕籠で帰ることしよう。

(何時代に生きてんだお前は!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

谷根千と納豆のお話

谷根千

つまり

谷中、根津、千駄木だが、

今日の午前中、

ちょいと谷中の全生庵の

「円朝まつり」を覗いて

暑かったが

谷根千をふらふら散策してみようと思った。

ボクは

この辺りがたまらなく好きだ

ちょいと

横丁の路地に入ってみる

入谷の朝顔市で買ったのだろうか

手入れされた

朝顔がとてもきれいだった。

「円朝まつり」の影響だろうか、

ふと

円朝師匠が活躍していた明治時代に想いをはせる

色々な書物を読むと

当時、

この辺りでは

「なっと~、なっと~」と

毎朝、納豆売りが廻っていたという。

ちゃぶ台を囲んで

納豆をメインに

家族で朝メシ食べる。

いいじゃないですか!

今も、いらっしゃるのだろうか、納豆売り・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円朝まつり

本日、

東京の最高気温は34度だってよ!

内陸の方では38度!!

これが人間様では

氷枕で寝込まなければならない温度である。

本日は斯様な中、

落語界の年に1回のイベント

Encho20061 「円朝まつり」

があるとあっては

行かねばならねえ・・

谷中に向かう。

会場であり

現代落語の祖といわれた

三遊亭円朝師の眠る

全生庵には、

日頃

高座でお目にかかる師匠と

気軽に触れ合えるとあって

落語ファンの善男善女であふれかえっている

ワタクシも

円丈師

市馬師

権太楼師

菊之丞師らに

不躾にも

サインなど頂戴する。

また、至る所に

洒落のきいた屋台があり、

見ていて楽しい

暑かったが

最高の日曜日の午前を過ごすことが出来た!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

黒酢バー訪問記

新橋

「黒酢バー」

なるものがあり

大繁盛であるという情報を入手。

「明日の神話」鑑賞後、

新橋駅烏森口に向かう。

烏森口、

そうそう、これぞ新橋という

焼き鳥の煙とサラリーマンの愚痴が染み付いた街である。

そこに

ありましたよ!

ありました!

黒い看板の「黒酢バー」

黒いだけあって黒山の人だかりであった

(オメーは落語家か!!)

ふむふむとメニューを見る。

黒酢そのものの他

オレンジや

キャロット

バーモンド等々を混ぜたものを販売している。

中で、ピーンときたのが

Images_70 「黒酢&青汁」(300円)

ああ、頼みましたよ!

周りの客の

「この人何頼んでんのよ」の目線が刺さる。

ハイハイ、小生、体張ってます!!

店員も

「ホントにイインダナ」的、目線

男に二言はない!!

待つことしばし

出てきましたよ

「黒酢&青汁」

周りの客のチラチラ目線を感じながらゴクリ。

感想ですか!?

かんそう、、は。。。

初心者は素直に「黒酢&オレンジ」を飲むべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大爆発!!

今日は

いろいろ考えたのだけど

汐留の

日テレに行ってきた。

目指すは

岡本太郎作の

Images_69 「明日の神話」である。

新橋駅の汐留口を降りる。

こんな、きれいになったの、新橋って・・

おっしゃれーな店が並ぶ

新橋に

ソニープラザですよ!

ソニープラザ!!

赤提灯はどこだ!

と彷徨うこと数分

あっという間に

日テレプラザに到着。

土曜日だから並ぶかなと思ったが

すんなり

「明日の神話」とご対面。

圧倒される。

が、である。

「明日の神話」の前に

こじゃれたオープンカフェがある

近くで

若手のコンサートがある。

世紀の大芸術と商業主義

これをどう思うか?

うーむ、いかん!と思うか。

これも、それも含めて「ゲージュツは爆発だ!」と思うか・・

これに関しては

色々賛否両論があると思うけど

兎にも角にも

「明日の神話」は一見価値ありである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「V6と納豆」に関するお願い

休日の朝、

ちょいといつもより遅く起きて

お茶をすすりながら

新聞を読むのがたまらなくすばらしい時間と思う。

昔、高校の教師に

「新聞は左手でなく、右手を使って読むように」

と言われたことを思い出す。

右手を使う、つまり1面から読めということだが

ボクは

この教えを忠実に守らず(!?)

左手、つまり「テレビ欄」から見る。

「今日は何をやるのかなあ・・・」

と見ると

Images_68 「ナイナイサイズ」のところに

「V6 岡田 納豆・・」

なる文字が!!

これは、観るでしょ!

でも、

小生、近頃、夜が弱くなってしまっています。

おそらく、

ビール片手に

爆睡している可能性大です。

そこで

皆さんに申し訳ないのですがお願いが・・

こんなワタクシにナイナイサイズの情報をお願いします!!

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

演芸好きにとっては・・

今週末は

どうしたらよいものだろうか・・

だって、そうでしょ!

池袋演芸場では

小三治師が主席だし

Kyoutarou_2 新宿へ行くと

彦いち

喬太郎

白鳥

円丈

たまらない組み合わせ

そんでもって

日曜日は

谷中全生庵

円朝まつり

こういう贅沢な悩みっていいですな・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

納豆Tシャツって・・

ボクの

勤務先は恵比寿である。

毎日、柄にもない土地に通っている。

恵比寿って

いつから

おっしゃれー

な街になってしまったのか・・

でも

ボクは知っている

駅を降りてすぐに

ファッションヘルスNEW YORK

なる店舗があることを・・

もちろん行ってませんよ!

ホントホント

ホントだってば~

で、

その

おっしゃれーな街には

時たま

仰天するファッションに身を包んだ方々がいらっしゃる

今日はこれ

Img16459238 思わす二度見してしまった・・

でも

欲しくなっている自分もいたりする・・

| | コメント (11) | トラックバック (0)

歌舞伎町に生きる女

やっと

金曜日ですよ!皆さん!!

や~な、あの顔、この顔ともしばしのお別れの金曜日

うれしいじゃありませんか!

で、

小生、

会社をさっさと出て

山手線の中でふと思った・・

あ、ラーメン食べたい・・

そんな気分ってたまに起きませんか!

新宿で下車。

東口に向かう。

目的地は

駅の看板にあった

「なんでんかんでん 新宿歌舞伎町店」

コマ劇のちょいと横丁にあった。

そこで、

懲りもせず

「はりがね」を替え玉まで発注。

メタボリックシンドロームが怖くて

トンコツが食えるか!

ちょっと粋がっていたら!?

目の前に

プチ哀川翔が・・

Images_67 そう、

ここは、泣く子も黙る

歌舞伎町!

やっぱり

歌舞伎町には

プチ哀川翔が良く似合うなあ・・

と思っていたら

そのプチ氏いきなり携帯電話を取り出し

大きな声で話し始める。

小生

聴く気は全く無かったのだけど

こんな言葉が耳に入った

「こいつは歌舞伎町で生きてゆく女だからよ~」

「歌舞伎町で生きてゆく女」ですよ

「歌舞伎町で生きてゆく女」!!

なかなか言えませんよ~ダンナ!!

歌舞伎揚げを頬張る女ってのはたまに見かけるけど・・

(うそだ!)

おお、歌舞伎町・・・・

サイタマに生きる男は

いそいそと

西部新宿駅に向かった・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

「白い巨塔」と納豆のお話

色々と

HPを見ていたら

たまたま

読売新聞

山本学氏の記事にぶつかった

山本学といえば

Images_66 やはり

「白い巨塔」の里美助教授役でしょうか・・

ちなみに

平成版では江口洋介ですが・・

その

山本学氏は、

毎朝、納豆にメカブを混ぜたものを食されているとのこと

さすが、浪速大学病院の助教授はやることが違う・・

明日、ちょっと試してみようと思う・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

祝!17万アクセス!

演芸フリークの皆様

そして

納豆フリークの皆様

このたび

当ブログのアクセス数が

17万件を突破いたしました!!

Ebi103 おめでとうございま~~す!!

これからも御贔屓に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

大文字流WBAの正しい見方!?

先ほど

TBS

WBA世界タイトルマッチをやっており

ご覧のとおり

12Rの判定で

亀田の勝利に終わったが

ボクはね~

ボクはね~

気になって

気になって

しょうがなかったんですよ!

会場に

この人がいたでしょ

Images_65 シェケナベイベーですよ

大変申し訳ないけど

気になって気になって

試合どころではなかった

きっと

ボクだけではないと思うがいかがでしょうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落語と納豆のお話

昨日、

Images_64 志ん生師と納豆について

あ~たら、こ~たら書いていたら

そういえば

落語のネタで「納豆」を扱ったものってあるのだろうか?

ふと考えるにいたった。

一応、演芸ブログなんです。これでも・・ハイ

落語って

季節毎の食べ物をネタにした噺が多い

たとえば

春:長屋の花見

夏:青菜

秋:目黒の秋刀魚

冬:時そば

などなど

でも

納豆を扱った噺って、思い浮かばないなあ・・

(もしご存知なら教えてください)

まず、

納豆の季節っていつだろうか・・

まあ、

ワタクシなんぞ、年がら年中納豆漬けなので

季節もヘッタクレもないけど

やはり、

炊き立てのごはんの上に乗っけて

ハフハフ食べるという

基本バージョンでゆくなら

やはり

冬かなあ・・

(これから夏だというのに・・)

そういえば

今、

春風亭小朝師率いる「6人の会」

新作落語台本コンクールの募集をやっているとのこと

もしかしたら、

「納豆噺」はねらい目かも知れない・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

志ん生師匠と納豆のお話

突然ですが

今日は

古今亭志ん生師匠のことを

語ってみたい。

だって、一応演芸ブログなんだもん・・

古今亭志ん生師匠、

独特の風貌で

爆笑を誘う語り口は

今でも

人気が衰えない

かくいう

ワタクシも

寝る前に

志ん生師匠の

「火焔太鼓」を聴きながら寝るのがたまらなく好きである。

また

昭和の名人

金原亭馬生師匠

古今亭志ん朝師匠の父としても

有名なお方である

その師匠

昔、

売れなかった時代

納豆売りをされていたそう。

でも、

なぜか売れなく

仕方なく

家族全員で納豆を毎日食していたとのこと

普通なら

こんなことがあったら

納豆嫌いになりそうなものを

師匠は

無類の納豆好きとして有名

Images_63この師匠が

納豆を売っていたら

間違いなく

ボクは買うな!

無類の納豆好きであり

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »