« 七夕「みの」で「明日の神話」 | トップページ | 四万六千日 »

2006年7月 8日 (土)

おそれ入谷の朝顔市

今年も

小粋に

入谷の「朝顔市」に行ってみた。

JRの鶯谷駅を降り、

いつものように

駅前で

Ima 羽二重団子を購入。

正岡子規や夏目漱石が

こよなく愛した上品な味で好きである。

鶯谷を下ったところが入谷であり。

まずは

恐れ入谷の「鬼子母神」に参詣。

そんでもって

朝顔型の御札を入手。

入手時に「石火」を切ってくれるのがここの特徴。

この1年、とりあえずいいことがありますように、と柄にもなく思う。

で、

お待ちかねの「朝顔市」

Images_42 数ある露店の中で

一番威勢のイイ

ネーチャンがいる店にて

4色の花が咲くという鉢を購入。

さてと

これからどうするか・・

朝顔をもって都電に乗るなんザ

イイカンジかもしれないと

三ノ輪橋まで足を伸ばす。

三ノ輪橋は

初めてである。

駅前に

いかにも下町という商店街があり、うれしい

ふと

小腹がすいたので

ふらっと入った店で

御酒ともつ煮を少々

もつ煮がなんともいえず良い

都電に揺られる。

信号で止まるんだなあ、都電って。

で、びっくりしたのが、

踏み切りの手前で

遮断機が降りきるまで

都電の方が待っているということ

このあたりだけ

時間が違っているな・・

王子のあたりだろうか

都電と

新幹線が交差するところがある

時間優先の新幹線を横目に見て

誰かが以前言っていた

「行き急いでいた人生だった・・」

をふと思い出す。

小生

現在31歳、

仕事の行きづまりをホントに感じているのだが

まあ、都電のような生き方もありか、な、と

思ったりなんかしたりする。

|

« 七夕「みの」で「明日の神話」 | トップページ | 四万六千日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/10848021

この記事へのトラックバック一覧です: おそれ入谷の朝顔市:

« 七夕「みの」で「明日の神話」 | トップページ | 四万六千日 »