« 笑点に革命起こる【しょの2】 | トップページ | 【連載】大文字のなぞかけ道場vol.78 »

2006年5月15日 (月)

柳家三太楼師匠の破門に思う

やはり
このテーマを書かないといけないかもしれない
先日
Images_7 柳家三太楼師匠が柳家権太楼師匠から破門を言い渡された。
原因については、
色々と言われているも、憶測の域を出ないものなので
ここでは書かないこととする。
各賞を受賞しており、次代の柳家一門を担う逸材を
破門にした、権太楼師匠は、当に断腸の思いであったに違いない。
ボクが三太楼師匠に出会ったのは、昨年のちょうど今頃、
池袋演芸場で、柳家さん喬師匠の代演をされた頃に遡る。
ちょうど、その頃、ボクは、とにかく、とにかく自信をなくしていた。
周りが、灰色に映り、
この世から消えてしまいたい。。
本気でそう思っていた時だった。
誰かの本で、
「そんなときは笑うのが一番」と読み、
最後の力を振り絞って池袋に行った。
普段なら、笑える落語が笑えない・・・
苦痛だった。。
第一、演者に申し訳ない。。。
途中だけどもう、帰ろうか
そんなときに高座に上がったのが三太楼師匠だった。
キャラクターをデフォルメして演じた「熊の胃」
気づいたら、涙を流して笑っていた。。
そして、
少しづつだったが、氷のように冷え固まったボクの心が
解け始めた気がした。
それからというもの
三太楼師匠を追っかけた。
大銀座落語会
笹塚での喬太郎師匠との2人会・・・
今年になってからも
いくつかの高座を拝見した。
年明けにかけた「初天神」、最高だった・・
そして
家庭の事情で
ここのところ寄席から遠ざかっていた矢先
この事件が起きた・・・
こんなブログを師匠はご覧になっていないかもしれないが、
ボクは、師匠の高座を観たい!!
どんな形でもいい
もう一度、ボクに、勇気と笑いを頂きたい
どうか、どうか落語をやってください!!
ボクは貴方の落語が聴きたい!!

|

« 笑点に革命起こる【しょの2】 | トップページ | 【連載】大文字のなぞかけ道場vol.78 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/10084380

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家三太楼師匠の破門に思う:

« 笑点に革命起こる【しょの2】 | トップページ | 【連載】大文字のなぞかけ道場vol.78 »