« ぺー | トップページ | 【連載】大文字のなぞかけ道場vol.67 »

2005年12月19日 (月)

12人の優しい日本人

ます、

この場を借りて

皆様に謝ります。

スイマセン!

チケットを渋谷の金券ショップで買いました!

3万でした。

(さ、3万!)

はい・・

(も~、あなた今月のお小遣い抜きよ!)

はい・・

ってちょっと待てよ、オメーは、女房かってんだ!

そんな、こんなで、渋谷パルコへ

実を言うと・・

yasasii 開演の1時間30分前に来てしまった。

やはり興奮していたのか・・

もっと言うと、

実は、

前日、なかなか寝付けなかった。

なんか、小学校の遠足を思い出す。

内容は、

過去、上演されているし、映画化もされているのでご存知の方も多いと思いますが

真ん中に円卓をおいて

12人の陪審員(石田ゆり子、江口洋介、筒井道隆、生瀬勝久・・)がある殺人事件について有罪か、無罪か喧々諤々、議論するといったもの。

計算された、台本、構成

芸達者の役者

ほんとに、ほんとに

参りました!

特に

この本を20代で書いた

三谷幸喜氏って、やはり、すごい!!

正直、3万で買ったときは

「・・・・・・」

とグチグチ後悔もしたけど、

ゴメン、

買って正解だった

でも、こういう買い方は、本当は好きじゃないんだけどね・・

来年3月に

三谷氏の初歌舞伎作品が上演されるとのこと

楽しみである。

|

« ぺー | トップページ | 【連載】大文字のなぞかけ道場vol.67 »

コメント

そうかー、チケット手に入ったんだね。
素晴らしい意気込み!!
三谷さん歌舞伎にまで手を広げるのか・・・。
すごいな。

投稿: かとう@with one voice... | 2005年12月24日 (土) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/7684631

この記事へのトラックバック一覧です: 12人の優しい日本人:

« ぺー | トップページ | 【連載】大文字のなぞかけ道場vol.67 »