« 徹子vs小三治 | トップページ | 好きな瞬間 »

2005年9月23日 (金)

ザ・ニュースペーパー

まさに偶然の出会いとはこういったことか・・

仕事が終わって、高田馬場で乗り換えのために降りたとき、ひょいと目に入った看板。

「19:00から、ザ・ニュースペーパー マンスリーライブを開催」

時計を見ると、18:50.

いっちょ、行ってみるか・・でもなあ・・

ザ・ニュースペーパー、今まで、まあ、どうでもいいかな、といった存在だった。

というより、ちょっと避けていたかのしれない。

なんか、観客が「NEWS23の討論会場にいそうな黒縁メガネ青年」が多そうに思いません?

えっ、偏見ですか?

(ゴメンなさい、気を悪くしたら、謝りますが、、僕自身、ちょーテキトーな人間なので、「正しい青年」がとーっても苦手なのです。NEWS23の討論の観客はもちろん「しゃべり場」もだいっーきらいだ!)

もしそうだったら、すたこら逃げよう・・と思いつつ、ちょー無党派層のボクは恐る恐る会場の「トリックスター」へ。

木戸銭1800円を払う。意外と安いな・・

会場は、ほぼ満席状態。

問題の客席は・・

黒縁メガネ率0%。

よかった・・

結構、ふつー(?)の客層に安心。

そっと、隅に座る。

さてさて、内容はというと、、

もちろん選挙ネタオンパレード

小泉、ゆかりたん、清美、宗男等、おもちゃ箱をひっくり返したように出てくる。

それにしても、小泉、似ていたなー

ゆかりたん、気持ち悪かったなー

マニアックネタとしては、まぐれで受かった「早稲田商店街の会長」と同じくまぐれで受かっちゃった「アホな青年」 (誰でしたっけ?)

笑った。

いままで、ザ・ニュースペーパーは社会風刺の重いネタが多いと思っていたが・・

実際に観て、政治家のキャラクターで笑わせている部分が多く、

カラッとした笑い になっていた。

やはり、自分で観て判断することが大事か・・

よし、また、機会があったら行こう。

ちなみに、その会場で来月やる演目は

「鈴木邦男(一水会顧問)の真相トーク」

それは、、いいです。。。

|

« 徹子vs小三治 | トップページ | 好きな瞬間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131922/6074459

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ニュースペーパー:

« 徹子vs小三治 | トップページ | 好きな瞬間 »